セラミックのデメリット知らずに後悔しないように!

セラミックのデメリット
知らずに後悔しないように!

about Ceramic1

歯のセラミック治療をして後悔したという患者さんが意外に多いことも確かです。しかし、そのほとんどがセラミック治療のデメリット・メリットを理解せずに治療を行っており、行う前にきちんと理解しておく必要があります。

今回は、セラミックのデメリット・メリットをできるだけ詳しく説明していますので、治療を始める前に必ずお読みください。

セラミックのデメリット

1.歯のセラミック治療1番のデメリットは、歯を削るということです!

about Ceramic1

一度削った歯は元に戻らないという事を理解しないといけません。虫歯の歯を削る際は、「虫歯」という「病名」を元に歯を削ります。

しかし、健康な歯を削るということは、病気ではないのでいわゆる美容整形と同じような類となります。

健康な歯を削るということを理解した上で、それ以上にメリットがある場合もありますので、デメリット・メリットを理解してから治療を受けた方が良いですね。

もちろん、虫歯などで歯を削った後の選択肢として、セラミック治療を行うこともありますので、その際にセラミック治療を選択するのは、やぶさかではありません。

2.割れる・かける事
があります。

about Ceramic1

セラミックは、お茶碗と同じ陶器になりますので、かけたり割れる事があります。

最近では、ジルコニアと呼ばれる非常に強度のあるセラミックが登場しましたが、ジルコニアセラミックでも割れることがあります。

実際に私の患者さんでも歯ぎしり・食いしばりの強い方で割れた経験があります。

3.セラミックは、
保険外治療で値段が高い。

about Ceramic1

セラミック治療は、保険外治療になりますので治療費は高くなります。セラミッククラウンで5〜15万円で、セラミックインレーで3〜5万円の費用がかかってきます。

保険の場合、クラウンで1/10の値段で5千円〜1.5万円、インレーで3〜5千円くらいです。

約10倍の差がありますが、セラミックの寿命は、保険材料の約10倍以上ですので、何が高くて何が安いのかは、トータルで考えないといけません。

4.セラミックは、一生ものではありません。

about Ceramic1

セラミックでかぶせ物をしたら一生ものだと思われている患者さんがいますが、形があるものは必ず壊れます。

セラミックもだんだんに劣化していくので、10〜20年経つとやり変えの時期がきます。

車のタイヤと同じで、毎日乗っていればすり減ってきます。セラミックも同じだと思ってください。

5.歯ぎしり・食いしばりに弱い。

about Ceramic1

寝ている間の歯ぎしり・食いしばりの力は、体重の1.5倍の力が加わると言われています。私の場合、約100キロの力が歯1本に加わるわけです。その力が加わったままギシギシと歯を動かしますので、セラミックの歯にはたまったもんじゃありません。

6.歯の神経治療をする事がある。

about Ceramic1

歯のセラミックをかぶせるにあたり、ある程度歯を削ります。患者さんによって神経の走行が違いますので、神経の治療が必要かどうかは、削ってみないとわからない場合があります。

通常は、神経治療をする必要がなくセラミックのかぶせ物をする事ができますが、しみたり・噛んで痛みが強い場合は、神経治療をする事があります。

7.セラミックは、
天然の歯と同じような色を出せないこともある。

about Ceramic1

セラミックは、様々な色調を再現することができると言われていますが、その日の天候や湿度や温度により仕上がりが変わってきますので、全く隣の歯と同じような色を再現することが難しいことがあります。

例えば、前歯2本のうち1本をまずセラミックにしました。後からもう一本セラミックにしようと治療を受けたが、なかなか隣のセラミックと色が合わないという現象が起こったりします。

後は、以前に前歯をセラミックにして、歯の根の痛みが出て1本やり変えることになったが、根の治療後のセラミックの歯の色が他のセラミックの色と合わないという現象が起こったりします。

8.ホワイトニングした
歯の色に合わせてセラミックを作る。

セラミックに合わせて歯のホワイトニングするのは難しい。

about Ceramic1

良くホワイトニングをするので、少し明るめに作ってくださいと言われ、明るめに作りますが思ったようにホワイトニングが進まずに、セラミックの歯とホワイトニングした歯の色にギャップが出てしまうことがあります。

逆もしかりですが、ホワイトニングした歯の色は、後戻りしやすく臼歯部であればある程度色を合わせることが可能ですが、前歯ですとギャップが出ることがあります。

そのため、ホワイトニングをされる患者さんは、ホワイトニング後1〜2ヶ月後に、セラミック治療をすることをオススメしています。

歯のセラミック治療のメリット

1.笑顔が増える。

about Ceramic1

やはり、キレイな前歯を手に入れた患者さんの感想で一番多いのは、笑顔が増えたです。自信を持って笑えるようになったという患者さんが多いです。

今まで手で隠して笑っていたという患者さんも手で隠さなくて済んだとか、人前に出るのが怖くなくなり、活動的になったと言われる方もいらっしゃいます。

2.見た目が変わる。

about Ceramic1

「人は、見た目が9割」という本がありますね。読んだことがありますか?歯のイメージが変わると確実に第1印象が変わります。なぜでしょうか?それは、笑顔の50%は、鼻から下の口で変わってくるからなんですね。1の笑顔でもありましたが、第1印象が変わると行動も変わってきます。

3.汚れがつきにくい。

about Ceramic1

セラミックは、陶材と同じと以前説明しました。他のプラスティックや金属に比べて表面がピカピカ・ツルツルなんです。そのため、汚れがつきにくいんです。唾液で汚れが流れやすいんです。では天然の歯と比べると大体同等レベルの滑沢度になります。

汚れがつきにくいといっても、歯とセラミックの間に汚れが溜まったままになればもちろん虫歯になりますので、歯ブラシをしなくて良いということではありません。

プラスティックは、吸水と膨張を繰り返しますので、汚れもつきやすいですし、臭いもつきやすいですので、セラミックの方が圧倒的に有利です。

4.長持ちする。

about Ceramic1

銀歯に比べてはるかに寿命が長いことは、明らかです。そもそも使用するセメントもお口の中に溶け出さないレジンセメントを用いますし、プラスティックみたいに変色や着色もセラミックは、つきにくいです。

皆さん!お茶を飲む湯呑みですが、何度お茶を飲んでもお茶の緑の色は、湯呑みにつかないですよね。

セラミックは、着色がつきづらいんですね。経年変化が少ないですので、長持ちするわけです。

5.アレルギーの心配がない

about Ceramic1

金属を用いた時に、怖いのはアレルギーですね。皆さん、水の中に金属をつけていたら錆びてきますよね。お口の中も同じように、唾液がありますので、金属を使用するとだんだんに錆びてくるわけです。

そのため、セットした日から金属イオンの流出が起こり、身体のどこかに蓄積されていきます。

通常、金属を身につけた時に肌に異変が起こるのが、金属アレルギーだと思っている方が多いですが、それだけではなくお口の中にセットしている銀歯もアレルギーの原因の1つになります。

関連記事