部分入れ歯のメリット | 渋谷歯科 | 平日夜9時・土日も診療の渋谷の歯医者

部分入れ歯のメリットDentures

失った歯を取り戻す
ための治療法

失った歯を取り戻すための治療法は様々な種類があります。

  • インプラント
  • ブリッジ
  • 部分入れ歯

インプラント

インプラントとは、欠損した部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、義歯を装着する方法で、天然の歯と同様な構造の義歯となります。

そのため、治療を行えば、天然の歯の時と同じ感覚で生活を行える治療法となります。しかし、このインプラントを行う場合は外科手術が必要となるだけでなく、インプラントを埋め込んでから義歯を装着するまで最長で半年かかる場合があり、敷居の高い治療法となります。

ブリッジ

ブリッジ治療とは、欠損した両隣の歯を支台として橋を掛けるように欠損した歯を補う方法です。

ブリッジ治療の場合は、両隣の健康な歯をかなり削る必要があります。食べかすがブリッジした箇所に残りやすくなり健康な歯が虫歯などに侵されやすいというリスクもあります。

また、将来的にインプラント手術をしたいという時にブリッジの場合は健康な歯も削ってしまうのでできなくなってしまいます。

部分入れ歯

分入れ歯の場合は、周囲の健康な歯を削る必要がなく、その部分のみの治療が可能となります。

また、インプラントのように外科的手術の必要がありません。また、治療に対してかかる時間が短く治療を開始してから2〜5週間ほどで完成します。また、取り外しができるため、手入れもしやすく入れ歯やお口の中を清潔に保つことができます。

歯科技術が発達した現在では、部分入れ歯の種類も豊富になり、患者様の目的や用途、希望の仕上がり、予算に合わせた部分入れ歯を選ぶことができるようになりました。部分入れ歯のことでお悩みの方は、当医院までお気軽にご相談下さい。

部分入れ歯のデメリット 保険と自費の入れ歯の違い
関連ページ