親知らず(智歯)の相談

親知らず 相談

Wisdom teeth consultation shibuya-shinbi.jp

親知らずが生えてきたら、歯科医に相談しましょう。

親知らずは問題なく生えてくる場合もありますが、歯が生えるスペースが十分にない所に生えてくるため、まっすぐ生えることができず、横向きに生えたり、斜めに傾いて生えたりすることもあります。

骨の中に埋まっている場合には肉眼では判断できないような生え方をしてくる場合もあります。

また、痛みや腫れを起こすこともありますので、腫れや痛みが出る前に親知らずが生えてきたら腫れや痛みが出る前に歯科医に相談しましょう。

歯科医の診断の結果、問題がなければ、日常的に丁寧にブラッシングをすることで親知らずを抜歯せずに済みます。

歯科医に相談した結果、斜めに生えているため、ブラッシングをしても磨き残しができてしまい、そこに汚れがたまって、歯肉炎や虫歯を発生させてしまう恐れがある、歯ぐきの中で、親知らずが周囲の歯を圧迫している為、歯肉炎を起こして、周囲の歯まで虫歯になってしまう恐れがある、咬みあわせが狂ってしまうために、身体のバランスを崩す心配がある、歯が横むきに生えてきている為、歯並びを悪くする恐れがあるなどの理由から抜歯をした方が良いと判断される場合もあります。

腫れや痛みが出る前に相談することがベストですが、それができなかった場合は、腫れや痛みが出たら、我慢せずにすぐに歯科医に相談しましょう。

腫れや痛みを我慢しているうちに、虫歯や歯肉炎は悪化し続け、治療が困難になっていきます。

歯科医は診断の結果、治療法を提示してくれますので、自分のスケジュールなどにあわせて、いつ抜歯するかなどの日時の相談にも応じてもらえます。

親知らずの相談は、まだ虫歯になっていず、健康な歯であっても、あらゆる歯科医で受け付けてくれます。

関連記事