よくある質問-はぎしり – 渋谷歯科タナカ

よくある質問-はぎしりQ and A

カテゴリー:はぎしり

口が開けづらいのですが
どうしたらよいでしょうか?
顎関節症の一種だと考えられるが鑑別診断をしない限り、はっきりとは言えません。

顎関節症にもタイプが4つあります。1型が咀嚼筋痛を伴うもの、2型が顎関節痛を伴うもの、3型は2つあり3a型がクリック音がなる症状、3bは開口する際に運動制限を伴うもの、4型が骨や軟骨の顎関節組織の破壊を伴うものに分けられます。

主な治療法としては薬物療法による炎症や痛みの除去、、開口訓練によるストレッチ、スプリント療法により左右均等に噛むようにして咀嚼筋の緊張緩和、顎関節部への荷重負荷の軽減が目的とします。顎関節症の原因は多因子性なのでカウンセリングをして原因除去を図っていきます。
マウスピースを作りたいです。
歯ぎしり、食いしばりのためのマウスピースは種類があります。口の中の状態や、症状を確認してお作りしています。

マウスピースは歯型やかみ合わせをとることで作ることができます。
口を開けたときに
顎がカクカク音がなります。
顎の健康が損なわれている可能性が高いです。顎の関節がおかしくなると、それによってかみあわせが変わり、歯にかかる力の強さや角度が変化することで、歯が曲がったり、折れたりすることもあるので、顎が鳴るのは要注意です。
歯ぎしりと歯周病と
関連はありますか?
歯周病に罹患してる場合歯ぎしりにより歯周組織(歯根膜や歯槽骨)へダメージを与え、歯周病を促進してしまう可能性があります。
関連ページ