よくある質問-虫歯

どうして虫歯ができるんですか?

虫歯になる条件として歯質(歯)・細菌(虫歯菌)・時間・糖分(砂糖を含む食べ物)が挙げられます。歯にプラーク(歯垢など)が付着しそこに多種多様の細菌が存在します。細菌は糖分を分解して酸を作り出し、歯を脱灰(溶かすこと)します。お口の中の環境pHが5.5以下になると脱灰を始めてしまいます。この酸性の状態を中和するためには唾液の作用が非常に大事になります。唾液によって酸や糖分を洗い流してくれたり、アルカリ性物質を産生したり、酸を弱めてくれることによってお口の環境が中和して再石灰化(歯を守る)します。しかしpHを元に戻すためには2〜3時間かかります。間食などが多いとお口の中が長時間酸性状態になり、歯がどんどん脱灰してしまいます。また睡眠時も唾液の量が減少しますので夜食や磨かないで寝てしまうと虫歯になりやすくなりますので注意してください。

 

神経を取るとはなんですか?

虫歯が神経まで進行していない場合、痛みはほとんどありません。虫歯はsilent diseaseです。神経まで虫歯が進行するとズキズキした痛み、何もしなくても痛む、夜中に激痛が走るなどの症状が診られます。その場合、歯の神経が全体的に感染してしまい、自然治癒することはありません。したがって虫歯の部分を完全に取り、ファイル(細い針のようなもの)で感染した神経を機械的に除去し、次亜塩素酸で化学洗浄(根管洗浄)を行い、根管内をきれいにして細菌除去します。症状がなくなれば神経の代わりになる防腐剤をつめて根管治療が終わりになります。

 

神経の治療後に注意事項などありますか?

神経の治療(根管治療)は多少根尖(神経の根っこの先)も触ってています。根尖外は神経があることにより2,3日痛みが出ることがありますので、痛みがある際は鎮痛剤を飲むようにしてください。それでもお痛みが強く出るようでしたら、電話や受診の程よろしくおねがいします。

 

関連記事