よくある質問-ホワイトニング

ホワイトニングをすると歯が痛いです。

ホワイトニングをして痛いと感じるのは知覚過敏が起きているからです。
歯の神経の外側には象牙質という組織があり、象牙質はエナメル質に守られています。健康な歯であれば、刺激は象牙質に伝わりにくいですが、エナメル質に傷があったり歯茎が下がっていたりすると、冷たいものの刺激が象牙質の象牙細管を通って神経に伝わります。
ホワイトニングして痛いと感じるのは、ほとんどが一時的なものです。問題がなければ1~2日で自然に痛みは解消します。

 

健康な歯とは芸能人みたいに真っ白い歯ですか?

健康な歯は、自然な黄色みがかった白といわれています。歯には象牙質という黄ばんだ部分があり、その上を半透明のエナメル質が覆っています。半透明のカバーを被った黃色みがかった本体なので真っ白ではありません。
ホワイトニングやセラミックの被せ物することにより現在より白くなります。

 

ホワイトニングに何度も通ったり、家で長時間するのが面倒です。一度で白くする方法はありませんか?

濃度の高いホワイトニング剤を長時間作用すれば、一度でかなり白くすることも可能です。
しかし、あまり濃度の濃い薬剤を使えば、必ず歯にダメージが残ります。施術中も疼痛が走るため痛み止めの服用が欠かせなくなります。あくまでも健康な歯の状態で白くしていくことが大事だと考えております。

 

市販の歯磨き粉で白くすることはできますか?

ほとんどの歯磨き粉には、研磨剤が入っているので、歯の表面の汚れを落としたり、ホワイトニングでしろくなった歯の維持には役立ちます。
しかしながら、「ホワイトニング=白くする」というこうかは期待できません。決定的なホワイトニング効果を持つ薬剤は「過酸化水素」および「過酸化水素尿素」の2種類しかないからです。これらの薬剤の市販は、薬事法で禁じられており、歯科医院でしか扱うことができません。

 

どんな歯でもホワイトニングできますか?

ホワイトニングは自分の歯のみ可能です。ホワイトニングで詰め物や被せ物、差し歯の色を変えることはできません。
そのためホワイトニング終了後に色の差がでてしまうこともあります。また、虫歯や歯周病、知覚過敏などがある場合にはそれらを治療した後にホワイトニングを行った方がよい場合もあります。
ホワイトニングは健康な方であれば年齢、性別は関係ありませんが、原則として18歳未満の方や妊娠中および授乳中の方はできません。
また、金属の詰め物による着色やお薬による変色の場合は充分な効果が期待できない場合があります。

 

誰でもホワイトニングできますか?

原則として18歳未満の方や妊娠中および授乳中の方は、精神面や肉体面からも不安定なこの時期を避けた方が良いと言われています。無カタラーゼ症の方も、過酸化水素を分解する酵素を持っていないため、ホワイトニングすることができません。

 

神経のない歯でも白くすることはできますか?

ある程度はできます。
しかし、神経のある歯ほどには白くはなりません。神経のない歯の裏側から穴を開けて、そこにホワイトニング剤を流し込む方法(ウィーキングブリーチ)がありますが、歯がもろくなるためおすすめはしていません。
神経の無い歯をどうしても白くしたい場合は、セラミックなどの人工の歯を入れることをおすすめします。

 

歯の表面に白い斑点があるのですが、ホワイトニングをすることによって消えますか?

ホワイトニングの場合、白い斑点のところとそうでないところも同じように白くなるので、白さが目立ってくることがあります。
白い斑点は消えないので、ホワイトニング後も気になるようであれば歯を削って白いプラスチックの材料をつめるか、MIペーストという歯磨き粉を使用しミネラルパックをすることをおすすめします。

 

先天的な変色によって縞模様のようなものができているのですがホワイトニングで白くなりますか?

先天的な変色はホワイトニングによって効果はありますが、縞模様のはホワイトニングによって消えることはありません。

 

ホワイトニングとクリーニングの違いは何ですか?

クリーニングは歯の表面についた色素・ヤニ(ステイン)を取り除き、歯本来の色に戻します。 ホワイトニングは自分の本来の色より更に白くしたいときに歯の内側から白くする方法です。

 

ホワイトニングってなんですか?

歯のクリーニングしてもきれいにならない、歯の中の着色している部分を削ることなく歯の表面にホワイトニング剤をおくことで歯を白くしていく歯の漂白方法です。 マニュキアのように歯の表面に色を塗るわけではなく不自然な感じもありません。

 

ホワイトニングの原理は?

ホワイトニング剤は主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素は、特殊な光をあてて活性化させると酸素と水に分解します。
この分解時に発する酸素が、有機質である歯の着色物を無色透明に分解します。エナメル質の色は白色ではなく、半透明で下層にある象牙質の色は黄ばみがかっているため、エナメル質の色素を無色透明にしても、黄色い象牙質の色が透けて見えることになるので、歯は白く見えません。
歯を白く見せるためには、曇りガラスのようなマスキング効果が必要です。エナメル質は無数のエナメル小柱が束になってできています。
ホワイトニング剤から発生した酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱の構造を角状から球に変化させる作用があります。球状となったエナメル小柱表面に光が反射して、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、歯が白く見えるわけです。

 

ホワイトニングは歯や体に悪影響はないの?

全くと言っていいほど問題はありません。
ホワイトニングの基剤である過酸化水素は、米国食品医療薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しており、ホワイトニング剤自体はその安全性をADA(米国歯科医師会)が認めています。(すべてのマークがADAマークではありません)
日本では、各歯学部、歯科大学の研究室でもホワイトニング剤についての研究が行われており、多くの歯科研究室では論文も多数出されていますが、歯のホワイトニング剤の安全性が保証されています。

 

家で使用するホワイトニングジェルの種類はどれがおすすめですか?

4種類のジェルの濃度があり10%、15%、20%、35%で濃度が高い方が早く白くなりますが、しみやすいという欠点もあります。
使用する時間などによって変わってくるので、しみやすい方、時間2時間しっかりできる方は低い濃度で行うことをお勧めします。 行う時間がなく、そこまでしみないかたは30分で高い濃度の使用をお勧めします。

 

家でやるホームホワイトニングだけでも白くなりますか?

白くなります。しかしオフィスホワイトニングとホームホワイトニングは白くしている部分が違くなるので両方を行うことをお勧めします。 両方行ってメインテナンスでホームホワイトニングを行っていくのが効果的です。

 

結婚式に向けてホワイトニングしたいのですが期間や予算はどのくらいみておけばいいですか?

3ヶ月くらい前にホワイトニングを行うとかなり白くなります。
そこまで時間がなくても、一気に白くすることもできますが、しっかりと色戻りも防ぐためには3ヶ月くらい期間が必要になります。
金額は人によって回数なども変わってくるのですが、5000万円以内では行えると思います。 歯の色の濃さは一人一人違うので一人一人にに合った施術をさせて戴きます。

 

健康な歯ではどのくらいの色が平均ですか?

日本人の平均はA3と言われています。しかし一本一本歯の色は違うので全て同じ色であることはないです。 当院は最初に歯の色もチェックさせていただいてます。

 

家でするホームホワイトニングはいつやるのがおすすめですか?

基本的には30分以上2時間以内での装着をおすめしていますので、朝の通勤時間や、お風呂に入る時が一番良いかと思います。 自分の生活に合った行える時間を一緒に探していきましょう。

 

関連記事