虫歯と口臭 – 渋谷歯科タナカ | 平日夜9時・土日も診療の渋谷の歯医者

虫歯と口臭Caries

虫歯と口臭の関係

口臭の原因となっている虫歯のほとんどは、深い虫歯の場合が多いです。深い虫歯の場合、細菌の数がとんでもないことになっていますので、その細菌が口臭の原因となります。
臭い的には、卵の腐ったような匂いがしますので、周囲の人は気づいていることが多いですが、自分では気づかないことが多いです。

口臭の原因は、虫歯だけではありません。歯周病や胃腸の問題もあります。ですが虫歯の場合は、自分でも心当たりがあるのではないか
と思います。

例えば、歯に穴が空いている、歯のつめ物が外れたままになっている、根の治療をそのまま放置している、親知らずが生えてきたまま放置しているなどがあげられます。

このような場合は、歯が虫歯になっており特有な臭いがしますので、早めに歯科医院に通って治療を行い虫歯を治しましょう。

できる限り早めの治療をお勧めします

痛みを感じない限り放置してしまう人も多く、さらに症状を悪化させているケースが多く見られます。この放置している間に汚れが蓄積され、口臭がひどくなって行く傾向があります。

また日本の歴史的な背景もあり、年代によって、歯や健康などの意識に大きな差があることも事実です。世代が上になればなる程、本当にひどくなるまで我慢してしまう人が増えてしまうので、健康な生活の為にも、できる限り早めの治療をお勧めします。

口臭と虫歯や歯周病の関係
関連ページ