虫歯対策にシーラント

虫歯対策にシーラント

シーラントとは、虫歯になりやすい乳歯や生え変わって間もない永久歯の奥歯の溝をプラスチックのシールで塞ぐことで、虫歯菌が溝に入り込まないよう事前に虫歯を予防する方法です。

奥歯の溝は深さも人によって様々ですが、噛む面の溝は汚れが詰まりやすく虫歯になりやすい好発部分です。また生えたての歯はまだ組織的にも未熟で柔らかく、虫歯菌が侵入します。

学校検診では虫歯になりやすい歯や虫歯、もしくは歯茎の状態や顎の発育状態などを教えてくれると思いますが、具体的な処置まで行われることはありません。6歳臼歯と言われる奥歯に一番目に生えてくる大人の歯が出てきたら歯医者さんに検診に行かれると良いでしょう。この6歳臼歯が今後のお口の中の鍵を握る歯となります。

シーラントの治療方法の流れ

① まずは歯の溝に溜まっている汚れや磨き残しをブラッシングの機械を用いてきれいに落とします。

② エッチング(酸)処理をしてシーラント材が歯にくっつきやすい状態にします。

③ シーラントを填入し、溝を覆うように広げます。この時、噛み合わせが高くならないよう、薄く溝の部分だけを埋めるのようにしています。

④ 光を当てシーラントを固めます。

シーラントは奥歯の溝に対する虫歯予防に非常に有効な方法になります。

しかし歯が生え揃い、年月によってに噛み合わせが変化してくると剥がれてくることもあります。

また、シーラントをしたから虫歯にならないというわけではなく、歯はそれ以外にも歯と歯の間や歯と歯茎の境目には汚れが残りやすく、虫歯になりやすい部位があります。そのため毎日丁寧にブラッシングを行い、シーラントで覆われていない部分が虫歯にならないように注意することが必要です。

大人の方でも虫歯予防が遅いということはありませんので、今後の虫歯対策に歯医者さんに相談してみるといいでしょう。

定期的にシーラントが剥がれていないか、お口の中や食生活に問題は無いかなどのチェックを歯科医院で受け続けることも大切になります。

関連記事