金属床義歯(総入れ歯)

金属床義歯(総入れ歯)

20121205121927194

金属床義歯とは、義歯床が金属でできている入れ歯です。

保険で作ることのできる総入れ歯は義歯床が歯科用プラスティックであるレジンというもので出来ています。

プラスチック製の総入れ歯の場合、強度の問題から分厚くなってしまい、違和感が強くなっていまいます。

また、プラスチックは熱の伝導性が悪く、味覚の敏感さが低くなってしまい食事が美味しくないと感じることも多いようです。

その保険の総入れ歯のデメリットを補うのが金属床義歯となります。金属床義歯は、義歯床が金属でできています。

金属は強度が強いため、プラスチック製に比べると入れ歯を薄くすることができますので、保険の総入れ歯よりしゃべりやすかったり違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなります。

この金属床義歯のメリットですが、ほとんどのケースで使用することができます。

また、入れ歯を薄くすることができるので、保険で作るプラスチック製の総入れ歯よりもしゃべりやすかったり、違和感がすくなかったりする入れ歯を作れる可能性が高くなります。

20121205122006707

また、義歯床を金属を使用しているため、食事の時の温度感覚が自然に近くなります。(金属は熱伝導性に優れいるため)

また、汚れがつきにくいので清潔に保つことが出来ます。

また、強度が強いので割れにくく変形しにくというメリットがあります。

デメリットは、噛む力(咀嚼の力)が天然の歯を比べて10〜20%と弱く、修理が難しいのが特徴です。

プラスチック製の総入れ歯よりも快適に装着したいという患者様には金属床義歯が良いかもしれません。

当医院では、患者様の装着感や予算、審美性などのご希望を伺い、患者様に合った総入れ歯をご指導させていただきます。

お気軽に当医院までご相談下さい.

関連記事