総入れ歯のメリット

総入れ歯のメリット

一度失った歯は、残念なことに二度と再生することがありません。

しかし、近年では様々な治療法によって失う前の状態に戻すことが可能となっています。

その治療法の一つが総入れ歯となります。

総入れ歯と言っても様々な治療法があり、保険で作ることが出来る総入れ歯から、より審美性や快適な装着性を高めた保険適用外の総入れ歯となります。

メリットとしては、保険が適用となる総入れ歯もあるという事が挙げられます。

保険で総入れ歯を作った場合は上下で約2万円ほどとなっています。

保険が適用されますので少しの治療費で失った歯を補うことが出来ます。

また、保険の総入れ歯のでも総入れ歯が合わないなどの理由から調整したり、修理したりすることができます。(ただし、保険を使って総入れ歯を作った場合、半年間は保険が適用されませんので注意が必要です。)

安価に手軽に失った歯を補うことが出来るのが総入れ歯の一番のメリットと言えます。

しかし、保険適用の総入れ歯の場合、義歯床が歯科用のプラスティック製となります。

プラスティック製の場合は、強度の問題から分厚くなってしまい違和感を感じたり、落ちたり外れたりしやすいので食事や人との会話の際に違和感を感じるということがあります。

そこでより、審美性を高め装着感もより自然に高めるための治療法も選択ができます。

保険適用外の治療となり保険の総入れ歯に比べて治療費が全額自己負担となりますので負担は大きくなります。

しかし、その分だけ自分の歯と近い感覚の総入れ歯を手にすることが可能となります。

当医院では、患者様の装着感や予算、審美性などのご希望を伺い、患者様に合った総入れ歯をご指導させていただきます。

お気軽に当医院までご相談下さい。

関連記事