シリコン義歯(総入れ歯)

シリコン義歯(総入れ歯)

シリコン義歯は、義歯床の一部分がシリコンで出来ている総入れ歯です。

総入れ歯の使用感で一番、重要となるのが義歯床の材質です。

義歯床の材質によって使用感がことなるため食事や会話をする時に違いがわかります。

保険で作れる総入れ歯はプラスティック製であり、プラスティック製の義歯床の総入れ歯は、安価で作れる反面非常に多くのデメリットがあります。

そのデメリットを補うのが(保険適用外となりますが)シリコン義歯となります。

シリコンは非常に柔らかいので入れ歯があたって痛いという事が少なくなります。

使用感も非常によく違和感なくお使いいただくことができます。

このシリコン義歯のメリットは、ほとんどのケースで使用することができます。

また、現在使っている総入れ歯を改修することが出来る場合があります。(総入れ歯の種類によっては改修できない場合もあります。)

入れ歯が、当たることによって引き起こされる痛みが軽減される可能性が高い。

総入れ歯が落ちたり外れたりしにくくなる可能性が高くなります。

そのため保険の総入れ歯より食べ物を噛みやすくなり食事の時の味覚も自然に近くなる可能性が高いです。

総入れ歯のデメリットを補うのがシリコン義歯となりますが、デメリットもあります。デメリットは万が一破損した場合修理が難しいです。

また、シリコンは汚れが付きやすい。などがあります。

デメリットもありますが、実際にしようすると保険の総入れ歯に比べて使い心地は非常に良いようで、メインテナンスを適切に行うことで長期間の使用も出来ます。

当医院では、患者様の装着感や予算、審美性などのご希望を伺い、患者様に合った総入れ歯をご指導させていただきます。

お気軽に当医院までご相談下さい。

関連記事