部分入れ歯のデメリット

部分入れ歯のデメリット

部分入れ歯のデメリットとしては、ものを噛んだ時に外れやすいといった事や違和感を感じるという人が多いことが挙げられます。

特に、保険適用となる金属の留め金(クラスプ)を使用した入れ歯を使用されている方の場合に特に違和感や不快感を感じることが多いようです。

保険適用の部分入れ歯は、欠損した歯の両隣の歯に金属留め金(クラスプ)をひっかけることで義歯を固定します。

留め金だけで固定しているため安定性が非常に悪く、食事の時には揺れたり、歯と歯茎の間に食べ物が挟まったりして食べ物がおいしく感じなくなるようです。

また、ものを噛む力(咀嚼の力)が天然の歯に比べて20〜30%と著しく低くなり固いものが食べづらくなります。

インプラント治療の場合は、インプラントという人工歯根を歯茎を切開して骨に埋め込み、その上に人工の歯(上部構造補綴物)を被せます。

義歯をこていしますので、自分の歯の時と同じようなスタイルで日常生活を送ることができますが、部分入れ歯の場合は、完全に固定するわけではありませんので安定感がインプラントに比べると低くなります。

また、金具を使った留め金(クラスプ)の部分入れ歯をお使いの場合、ブリッジのように周囲の歯を削ったりする必要はありませんが、健康な歯に金属の留め金を使って固定させるので両隣の健康な歯に負担がかかってしまいます。

最悪のケースでは両方の歯が抜けてしまう恐れがあります。

また、金具で歯の表面が傷つき、その傷が原因となって虫歯になる可能性もあります。

治療法には、それぞれメリット・デメリットがあります。

患者様のご希望や仕上がり、予算に合った治療法を選択するようにして下さい。

当医院では、患者様に合った治療法をご指導させていただきます。お気軽にご相談下さい。

関連記事