総入れ歯のデメリット

総入れ歯のデメリット

全ての歯を失った方の治療法も様々な物がありますが、総入れ歯は、全ての歯を失った方の治療法となります。

総入れ歯による治療法は保険適用となる治療法であるため、安価に手軽に総入れ歯を作ることが出来ます。

また、保険で作ることが出来る総入れ歯は、歯科用のプラスティック製であるため、手軽に作ることが出来る反面、使用感や装着感に違和感を感じることが多くなってしまいます。

この保険で作ることが出来る総入れ歯の欠点を補うのが保険適用外の治療となる総入れ歯となります。

つまり、総入れ歯によるメリットは患者さんのお口の中の状態や、仕上がりや使用感の希望や審美性、予算に合わせた治療が可能となるなります。

しかし、総入れ歯による治療にももちろんデメリットもあります。

総入れ歯が合わない場合は、総入れ歯と歯茎がぶつかって痛みを感じたり、噛む力が天然の歯と比べて20%〜30%と低く硬いものが食べにくいなどがあります。

また、安定性が悪く、食事中や人と会話している時に落ちてきたり外れたりすることがあるので、ポリグリップなどの入れ歯安定剤の使用が必要となる場合があります。

また、総入れ歯は毎日のメインテナンスが不可欠となります。そのため、旅行先や出先でも入れ歯のお手入れが必要となります。

洗浄を怠ると、総入れ歯には様々な雑菌や汚れが付着して、口臭などの原因となってしまいます。

また、洗浄のためのランニングコストも必要となります。

総入れ歯によって失った歯を補うことができますが、デメリットもあります。

当医院では、患者様の装着感や予算、審美性などのご希望を伺い、患者様に合った総入れ歯をご指導させていただきます。

お気軽に当医院までご相談下さい。

関連記事