保険適用の部分入れ歯

保険適用の部分入れ歯

歯が、歯周病や虫歯、思いもよらない外的衝撃によって歯が欠損した時に、補う治療の一つに部分入れ歯があります。

部分入れ歯は、欠損した歯を補うため両隣の健康な歯にフックをひっかけて装着する方法となります。

この部分入れ歯の治療は保険が適用となります。

保険が適用となる入れ歯の特徴ですが、入れ歯を支えるために「クラスプ」という金属のバネを両隣の健康な歯にひっかけるタイプのものとなります。

そのため、見た目にも金属のフックがかかっているのが目立ちますので審美性は低くなります。

保険適用となる部分入れ歯はこのタイプの物しか認められていません。

保険適用3割負担の場合で、上下どちらか片方のみの料金は、約5000円から13000円となります。

部分入れ歯のメリットとしては、ほとんどのケースで使用することができます。保険適用となるので安価に治療ができます。

ブリッジのように両隣の健康な歯を多く削らないので将来的にインプラント手術が可能となります。

部分入れ歯デメリットとしては、

  • 審美性が低い (金属をひっかけて装着するので見た目が悪い)
  • また、咀嚼率(ものを噛む力)がとても低いです。天然の歯と比べて 20〜30%となる
  • 部分入れ歯装着時に違和感が強く、特に部部員入れ歯と歯茎の間の違和感が装着当時は慣れずに不快な思いをすることが多い
  • 食べ物が部分入れ歯と歯茎の間に詰まるので、食事の時に非常に違和感や不快感を感じる
  • 部分入れ歯を装着しはじめの頃は、発音しにくくなることがある

 

保険適用の部分入れ歯は安価で手軽に治療を行うことができますが、その分だけデメリットも多いのが特徴となります。

まずは、どのようなものか実際の入れ歯をご覧いただくことができますので、お気軽にご相談下さい。

関連記事