虫歯のリスク

虫歯のリスクについて

虫歯くらい放置しても問題ないと思われていませんか?患者さんの中には、そもそも虫歯を病気だと思われていない方も多いのではないでしょうか?虫歯は、れっきとした病気になります。そのため、放置しているとリスクがあります。

虫歯リスク1:痛み

そもそもですが虫歯を放置していると神経に達するくらい深い状態になります。神経に達した虫歯は、ズキズキと痛み出します。その虫歯の痛みは、身体の痛みの中で1番鋭いと言われてくらい強い痛みになります。では、どれくらい痛いかというとなかなか想像できないかもしれませんが、昔は、拷問として歯の神経をいじって嘘を吐かせたという時代があったくらいです。

通常であれば、のたうちまわるくらい痛い痛みになりますので、我慢することができない痛みになります。

 

虫歯リスク2:顎の膿

歯の虫歯をそのままにして我慢していた場合は、歯の根の先に膿が溜まってきます。溜まった膿は、出口がある場合は、痛みを伴わないですが、出口がない場合は、顎の骨を溶かしてしまいますし、顎がパンパンに腫れるくらい膿が溜まることがあります。

顎の膿が溜まりすぎた場合、膿を切開排膿させる必要があるので、あまりに溜まりすぎた場合は、大学病院に入院する必要があります。

 

虫歯リスク3:蓄膿症

よく鼻水が止まらないということで、耳鼻科を受診したがなかなか治らないという場合は、歯が問題のことがあります。虫歯を放置していると痛みが過ぎ歯の根の先に膿が溜まります。その膿が上アゴの骨を溶かします。骨が溶けて膿が鼻の中に流れ込むというリスクが虫歯でもあるわけです。

鼻水が臭うな?なんでだろう?という際には、副鼻腔炎やアレルギーだけでなく歯の膿を疑ってみてください。歯科医院にてレントゲンを撮影すれば直ぐにわかると思います。また、もっと詳しく見たい場合は、CTを撮影する必要があります。

 

虫歯リスク4:歯の喪失

 虫歯の1番のリスクは、歯を失うということですね。歯を失うことは、自然界では死を意味します。例えば、ライオンが歯を失ったら死ぬことになりますね。人間の場合、直接死に繋がることはありませんが、歯を1本失うことは、確実に寿命を短くします。歯を失うことで食べ物を咀嚼する(噛む能力)が損なわれますので、胃や腸への負担は確実に増えます。そのため、臓器系の癌になる可能性が増えるわけです。皆さんは、歯を失ってもそんなに心配される方はいませんが、指を失った場合は大変動揺されます。実は両方とも同じくらいレベルにあることを認識して欲しいところです。

関連記事