虫歯のリスク

虫歯のリスク

Caries risk

歯医者さんが好きな方はいますか?好きな方は良い事ですし、虫歯も少ない方達が多いと思います。

歯医者さん、歯科医師が嫌いな方は虫歯のリスクを持っているといえます。

歯磨き粉をたくさんつけた歯ブラシで磨けば虫歯が良くなると思ってしまう方達もいると思いますが、虫歯のリスク、落とし穴はそこにあります。

歯科医師に尋ねてみれば分かると思いますが、虫歯になってから通院するようになる患者の方達はどれくらいいるか?それはとても多いと思いますし、虫歯がなくても定期的に歯科医院に通院する方は少ないと思います。

子供の頃から歯科医院や、歯科クリニックで歯の状態を見てもらっていれば虫歯のリスクは確実に減りますし、自分の歯を危うい状態にしてしまうのは怖い事でもあります。

歯の寿命は何年でしょうか?虫歯のない方なら長いと思いますけれど、虫歯の多い方の歯の寿命は短いと思いますので、そのような視点で歯の事を見つめなおす事も大切だと思います。

リスクはどんな病気でもありますが、歯については簡単に考えてしまい、痛くなったら行けばよいという方達は多いと思いますし、これからは虫歯予備軍の方達へのプラークコントロールや、歯のケアが大切になってくると思います。

テレビのCMで歯が白くなるという宣伝、歯周病に効くという宣伝、それは事実もあるからこその宣伝だと思いますが、歯科医院や、歯科クリニックに行くことも基本として宣伝していただきたいです。

虫歯は虫歯対策、虫歯予防のために市販の薬や歯ブラシを買っても、直るわけではありませんからね、歯科医院や、クリニックに行くことにいつかはなると決意して、早めに受診を受ける事も大切だと思います。

歯科医院や、歯科クリニックに行くのは皆さんの自由ですし、あなたの自由ですので、このホームページを読んで感じたことがあれば良いと思います。

あなたの歯の生活が豊かになることを願います。

関連記事