虫歯治療後の痛み

虫歯治療後の痛みついて

歯が痛くて歯医者に行き、その痛みが治まるかと思いきや、治療しても痛みが持続したことを経験されたことはありませんか?

痛みを取って欲しいから歯医者に行ったのに痛みがまた出てしまうのはなぜなのでしょうか。

 

虫歯治療後には歯が痛むことがある

虫歯治療をした後に歯が凍みたり痛む事があります。

なぜ虫歯を取ったのに痛むの?と思うかもしれませんが、虫歯の大きさや虫歯の感染状態によっては治療後に痛みが残ってしまう事もあるのです。

 

虫歯治療後に歯がしみるのは徐々に落ち着いてくる

虫歯を削って詰め物を入れるまでの間、もしくは詰め物を入れてから冷たい物や空気などで歯がしみることがあります。

この原因は虫歯が大きかったりする場合などに生じます。

虫歯が大きいと、残った健康な歯が薄く、歯の内部に存在する神経に刺激が伝わりやすくなるためです。

基本的には1~2週間ほど経てば落ち着いてくる反応ですが、個人差はあります。

また銀歯を入れた場合では金属のために温度度の変化を感じやすくよりしみやすいことがあります。

症状が変わらず痛みが持続してしまう場合は神経の治療に移ることがあります。

 

虫歯治療後に噛んで痛むのは噛み合わせが原因のときがある

  • 虫歯を削って詰め物が入るまでの間は仮のフタをしておきます。
  • また詰め物が入った後は噛み合わせの調整をします。
  • これらの段階で、仮フタや詰め物が噛み合わせが高い状態であると、噛んだ全部の力が治療した歯にかかってしまうことになります。
  • 通常であれば全体で噛み合わせを感じる所を、一ヶ所で負担がかかってしまった場合にはそれが外傷となって痛みが生じてしまうことがあります。

 

虫歯治療後に痛みが続くときは神経に感染が生じていることがある

  • 虫歯が深くても神経に達していないような場合はなるべく神経を残す治療をします。
  • これを覆髄といい、削った歯の表面に神経を保護する材料を置いておきます。
  • この処置をした後はしばし歯の状態を経過をみていきます。
  • 特に症状がなく落ち着いている場合はそのまま詰め物や被せ物を作っていきますが、痛みが治まらなかったり更に増してしまっているときなどは神経の感染が強い状態と判断されますので、神経の治療へと移行していくことがあります。

 

関連記事