虫歯の治療内容と回数

虫歯の治療内容と回数について


患者様によく「歯医者は治療時間が短いのに何回も通わなくちゃならないから嫌いだよ~虫歯の治療ってパパっと終わらせられないの?」と聞かれることがあります。
確かに何回も通わなくてはならない治療もありますが、中には1~2回で終わるものももちろんありますよ。
治療回数を決めているのは、歯医者さんではなく、虫歯の進行具合なのをご存知でしたか?
今回は虫歯の進行と治療回数をまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください

C0:初期段階の虫歯

自覚症状なし

まだ歯には穴が空いていなくて表面が白濁している。

  • 治療回数
    0〜1回
  • 治療方法
    歯は削らずにフッ素とキシリトールを塗布して再石灰化を促します。歯みがき指導や定期的なメンテナンスでチェックしていきます。

 C1:エナメル質の虫歯

痛みはなし

歯の表面のエナメル質に穴があく

  • 治療回数
    0~1回
  • 治療方法
    歯は削らずにフッ素とキシリトールを塗布して再石灰化を促す。歯みがき指導や定期的なメンテナンスでチェックしていきます。
    または虫歯を除去して、レジン(歯科用プラスチック)で補強します。
    早期発見によって早めに処置することで、簡単な治療で終わります。

C2:神経に近い虫歯

たまにしみる 冷たいものや甘いものがしみる

象牙質といわれる神経に近いところまで穴があく

  • 治療回数
    2~3回
  • 治療方法
    麻酔をして歯を削り型どりをします。2回目以降に出来上がったつめものを付けます。まだ神経に達していないものの、危ないところまできています。自覚症状がある場合はすぐに治療しましょう。

C3:神経まで達した虫歯

なにもしなくてもしみる ズキズキと痛い

神経にまで虫歯が達している

  • 治療回数
    5~10回
  • 治療方法
    麻酔をして歯を大きく削り、虫歯に侵された神経を取り除きます。(※複数回おこないます)神経がきれいに取り除かれたら、土台を立てて被せものをします。(※複数回かかります)何回も通わなくてはならないのはこの状態の虫歯ですね!。歯の根の形は人によって様々です。そのため人によっては何回も通って頂かなくてはならなくなります。こうなる前に早期発見・治療が大切ですね

C4:末期の虫歯

(神経が死んでしまっているので)痛みはなし

歯の根だけが残っている状態

虫歯菌が血管を通り心臓病や腎臓病を引き起こすこともある

  • 治療回数
    1回(抜歯)
  • 治療方法
    多くの場合歯が残せず、抜歯になります。抜歯したあとはインプラント、ブリッジ、入れ歯などの治療に移行します。そのため、治療回数は、抜歯で終わらずにその後に治療が始まりますので、治療回数は、非常に多くなります。

 

虫歯が深くなれば深くなる程、治療回数が多くなります。また、費用も高くなります。歯を抜歯した場合は、インプラントを行うという選択肢も出てきますので、回数は、最低でも10回を超えますし、費用も40万円を超えてくることになります。できるだけ虫歯は、早めに治療を行い予防歯科で歯を守りたいですね。

関連記事