虫歯治療の流れ

虫歯治療の流れについて

1.受付・問診表の記入・待合室


渋谷歯科タナカでは、受付でコンシェルジュがお客様をお迎えし、待合室にご案内します。
待合室では、患者様の症状を正確に把握するため問診票に記入をしていただいております。
問診票を受付にお渡しいただいた後は、カルテの登録を行いますので、待合室にてリラックスしてお待ち下さい。最新号の雑誌を取り揃え、おくつろぎいただける空間を提供しています。

2.個室へのご案内


準備ができましたらスタッフがお声がけし、診療室へご案内いたします。親身な医師がまず懇切丁寧にご説明いたします。

3.レントゲン解析・CTスキャン


初診の患者様は、お口の中の状態を把握するためにレントゲン(X線)の撮影をします。治療技術も最新のものを使用しており、より正確・緻密な治療のため3次元画像のレントゲン解析を導入しております。歯や骨の状態、インプラント埋入の診断にも使え、触診視診ではわからない部分の病気も発見が可能です。
場合によっては、レントゲンではわからない場所まで撮影可能なCTスキャンも行います。骨の厚み、形態、親知らずの位置や腫瘍の有無や大小を知ることが出来て安心です。

4.診療方針説明


初診の患者様には、初めに渋谷歯科タナカ診療方針の説明を致します。

5.診療・主訴の解決


初診の際は最初に必要な口腔内の情報を記録します。
治療は言わずもがな、丁寧、痛みは少なく、短時間で終わるよう心がけています。
合わせて、正しい歯磨きの方法もご教示いたします。

6.お会計・ご予約・お見送り


初診当日のお会計は、初診料・レントゲン・検査 + 応急処置(3,200円+処置料)となります。お会計は処置の内容にもよりますので参考程度にご考慮ください。
次回の来院が必要な場合はご予約を承っております。

虫歯治療にかかる費用について


虫歯の治療は全部保険診療で行うことができます。健康保険の適用範囲内であれば治療費負担は1割~3割で済みます。

一般的な治療費
虫歯の段階 健康保険適用 自費(健康保険適用外)
初期 1,500~3,000円 5,000~50,000円
中期 2,000~10,000円 10,000~20,000円
重度 7,000~20,000円 50,000円~

※被せ物をしたり、銀歯をつめたりすれば、別途料金がかかります。ここで「高いから」と躊躇してしまうと、より悪化させてしまい、治療費がよりかかってしまう事があります。
虫歯を初期のうちに治すことが大事です。問題は先延ばしにせず、ちゃんと治療しておきましょう。

虫歯の大小によっての違い


虫歯が表層で止まって、神経まで達していない場合は、大きさが小さければ虫歯だけを削り、プラスティックを流し込んで埋めます。
値段は10,000~15,000円です。
表層で止まっていても、大きさが大きいとこうはいきません。削る部分が多いため、埋め込みでは間に合わず、被せ物をしなければならないのです。
この場合2,000円以上は覚悟しなければなりません。

差し歯にかかる費用


神経まで虫歯が達してしまっていると、もう虫歯を削るだけではすみません。神経を抜き、そこを薬品で埋めこみ差し歯を埋め込みます。
差し歯から作らないといけないためにお金も時間もかかってしまい、6,000~10,000円は掛かるでしょう。

抜歯とそれに伴う治療にかかる費用


さらにそれが奥深くまで達してしまっていた場合は、もはや抜歯するしかなくなります。こうなると差し歯ではなく、ブリッジイや入れ歯、インプラントを入れなくてはなりません。かかる時間も膨大になりますし、ブリッジや入れ歯でも2万近くかかり、インプラントでは保険が効かないため、なんと30万~40万円もかかってしまいます。

関連記事