虫歯治療後の詰め物について – 渋谷歯科タナカ

虫歯治療後の詰め物についてSilver teeth

虫歯治療後の詰め物について

今日は虫歯の治療の後の詰め物の種類について説明していきます。
大きく分けて保険診療でできるもの、自費診療でできるものとあるんですが、今回は保険診療の金属の、いわゆる銀歯というものを紹介していきます。

銀歯は保険適応のため安価でつけることができます。金属でできていますので強度的な面でとっても優れています。
また、銀歯は保険ででき、一般的なものになっていますが寿命として平均5年と言われていまして、とても二次的な虫歯になりやすくなってしまっています。

保険内でできる最低限の治療になってきますので、自費診療のものと保険診療のもので接着剤なども異なってきます。
接着剤ですが、長年使っていただくと経年劣化をしてしまいます。
そこから銀歯と歯のところにギャップが生まれて汚れが溜まったり、虫歯になりやすくなってきてしまいます。

ですので虫歯の治療をして銀歯を入れたので終わりではなく、銀歯の入った歯を長い目でみてあげるために、クリーニングなどを徹底してあげてください。
銀歯ですが、保険適応のもので¥2,000~¥3,000でお作りすることができます。

関連ページ