歯を失った後の処置について | 渋谷歯科 | 平日夜9時・土日も診療の渋谷の歯医者

歯を失った後の処置
について

歯を失った後の処置
について

今日は虫歯や歯周病が進み歯を残すことができなくなった場合の抜歯をした後の処置について説明致します。

歯を失ってしまった箇所は早めに補う必要があります。その方法はインプラント、入れ歯、ブリッジと3つあります。しかし、ブリッジに関しては隣り合う歯が両サイドに必要なため、一番奥の歯には使えません。

ブリッジと入れ歯は種類により保険内で作ることもできます。歯を失ってしまった場合は先生とよく相談の上、早めの処置をご検討ください。

関連ページ