オールオン4のメリット

オールオン4のメリット

Teen Girl (15-17) Biting into a Green Apple

インプラント治療を受けたいけれど、治療費や身体面、精神面への不安があるという方は大勢いらっしゃいます。

確かに、従来のインプラント治療では高額な治療費、長期間に渡って入れ歯で生活を送る必要などがありました。

しかし、オールオン4によるインプラント治療では、そういった方の負担を軽減し、術後すぐに社会生活に復帰することが可能です。

具体的にオールオン4治療では、主に以下のようなメリットを挙げることができます。

  1. 治療費を安く抑えることが可能
  2. 治療による身体にかかる負担が少ない
  3. 従来のインプラント治療を断られた方でも可能なケースが多い
  4. 術後すぐに食事や正常な会話など通常の生活が可能

 

なぜ、治療費が安く抑えられるのかと言うと、埋め込むインプラント数が少ないことが理由にあります。

従来のインプラント治療では、多数のインプラントを埋め込む必要があり、かつインプラント1本につき数十万円という高額な治療費が必要でした。

しかし、オールオン4では最少4本のインプラントで治療を行うことが可能で、かかる治療費は120万~200万円程度に抑えることができます。

治療による身体への負担が少ない理由としては、手術時間が短く治療範囲を限定していることが挙げられます。

そのため、麻酔が切れた後も痛みが起きにくく、腫れる箇所も少なくて済むケースがほとんどです。

また、従来のインプラント治療を断られた方がオールオン4を受けることが可能な理由は、治療費同様インプラントを埋め込む数が少ないためです。

従来であれば、片顎につき10本前後のインプラントを埋め込む必要があったため、骨の量少ない方や弱まっている方は治療を断られるケースがありました。

しかし、オールオン4では4本しかインプラントを使用せず、かつ骨の量が多いとされる前側の顎を利用するため、多くの方が利用することができるのです。

そして、術後すぐに日常生活、社会生活が送ることができるのは人工歯を装着するためです。

従来であれば、術後数ヶ月は入れ歯状態で生活を送る必要があったため、食事や会話を満足に行うことが困難でした。

しかし、オールオン4では、手術を行なって当日に仮の人工歯を装着することができるため、その日のうちに通常の生活に戻ることができます。

このようにオールオン4は、従来のインプラント治療の問題とされていた点を解消し、多くの方が利用できる内容となっているため、安心して治療に臨んでいただくことが可能となっています。

All-on-4 (6)の料金

All-on-4 All-on-6
オペ料金

診査・診断料、サージカルガイド、インプラント体、仮歯、薬剤料

※骨増生・残存歯への処置は別料金

¥1,500,000 ¥2,000,000
静脈内鎮静法 ¥70,000 ¥70,000
仮歯の作り直し ¥100,000 ¥100,000
最終上部構造物 アクリリック(保証なし) ¥500,000 ¥1,000,000
ハイブリッド(5年保証) ¥1,500,000 ¥2,000,000
セラミック(5年保証) ¥2,000,000 ¥2,500,000
メンテナンス ¥8,000 ¥8,000

※治療費は医療費控除の対象となります。詳しくは税務署のHPをご覧ください。

治療におけるリスク

唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒ、近接歯牙・顎・上顎洞・鼻腔に対する炎症・疼痛・過敏症・組織治癒の遅延及び顔面部の内出血、傷口の腫れ、処方薬による副作用(吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなる等)、1㎜以下の歯の移動、インプラントの脱落等。
※インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
※成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方、放射線治療を受けられている方、ホルモン治療を受けられている方は治療出来ない場合があります。
※骨粗鬆症により、ビスフォスフォネート系製剤を服用されている方は、インプラントだけではなく外科処置を行うことができない時があります。

関連記事