オールオン4の費用(料金)

オールオン4の費用(料金)

Cheerful Woman on a Sofa

インプラント治療というと、どうしても高額な治療費をイメージしてしまう方が多いようです。

しかし、オールオン4を利用することで、従来のインプラント治療に比べ安価でかつ短期間での治療が可能となります。

オールオン4にかかる治療費は一般的に片顎120万~200万円程度と言われています。

この金額のみに注目すると高額だと思われるかもしれませんが、従来のインプラント治療にかかる費用と比較するとその安さを実感することができます。

従来のインプラント治療は、インプラント1箇所ごとに30万~50万円程度の費用が必要となります。

しかも、オールオン4とは異なり数十箇所にインプラントを埋め込むことになるため、400万円、500万円という費用がかかることも珍しくありません。

また、従来のインプラント治療は治療時間・通院期間が非常に長いことも問題となっていました。

具体的には、治療を開始し歯茎にインプラントを埋め込んでから、人工歯を被せるまで半年から1年程度の期間が必要となることが多いようです。

そのため、せっかくインプラント治療を受けたにも関わらず、歯の無い期間が長く人前に出ることが辛い、大好きな食事を楽しめない、など悩みを抱えている方は少なくありません。

しかし、オールオン4では治療の日から仮歯を装着することができ、その日のうちに食事を取ることが可能なのです。

その後、6ヶ月程度インプラントが安定するまで期間を置きますが、日常生活を送ることに支障が出ることはありません。

そして、最終的に強度・外見ともに優れた人工歯と交換し、治療完了となります。

また、オールオン4を含めたインプラント治療では医療費控除制度を利用することが可能です。

医療費控除は、1月から12月の期間に10万円以上の医療費がかかった場合に適応されます。

控除額は所得に応じて決定するため、個人に応じて異なります。制度の利用には自身で確定申告を行う必要がありますので、インプラント治療を行った方は忘れずに申告するようにしましょう

All-on-4 (6)の料金

All-on-4 All-on-6
オペ料金

診査・診断料、サージカルガイド、インプラント体、仮歯、薬剤料

※骨増生・残存歯への処置は別料金

¥1,500,000 ¥2,000,000
静脈内鎮静法 ¥70,000 ¥70,000
仮歯の作り直し ¥100,000 ¥100,000
最終上部構造物 アクリリック(保証なし) ¥500,000 ¥1,000,000
ハイブリッド(5年保証) ¥1,500,000 ¥2,000,000
セラミック(5年保証) ¥2,000,000 ¥2,500,000
メンテナンス ¥8,000 ¥8,000

※治療費は医療費控除の対象となります。詳しくは税務署のHPをご覧ください。

治療におけるリスク

唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒ、近接歯牙・顎・上顎洞・鼻腔に対する炎症・疼痛・過敏症・組織治癒の遅延及び顔面部の内出血、傷口の腫れ、処方薬による副作用(吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなる等)、1㎜以下の歯の移動、インプラントの脱落等。
※インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
※成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方、放射線治療を受けられている方、ホルモン治療を受けられている方は治療出来ない場合があります。
※骨粗鬆症により、ビスフォスフォネート系製剤を服用されている方は、インプラントだけではなく外科処置を行うことができない時があります。

関連記事