歯科インプラント治療の医療費控除

歯科インプラント治療の医療費控除

Young Boy Pretending to Fly

インプラント治療にかかった高額な医療費は、医療費控除の対象になります。
医療費控除とは、1年間に支払った医療費の総額が一定金額(10万円)を超える場合、その翌年の確定申告で医療費控除を申告すれば、いくらか税金の還付を受けられる制度です。

負担を軽減するための制度ですが、美容整形や歯科矯正などは対象外で、すべての高額医療が該当するわけではありません。

また、医療費の総額には自分だけでなく、家族の医療費も含まれますから、一家計での総額になります。

確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日までの1か月間です。

医療費控除の申告には、医療機関に支払った治療費の領収書が必要です。

また、通院にかかった交通費も控除対象になります。

領収書が発行されない電車やバスの場合は、メモ等の自己申告でも構いませんが、通院の日付記録を添えた方がいいです。

インプラント治療を行った場合は、翌年の確定申告時に忘れず申告されることをお勧めします。還付される金額は個人によって異なります。

医療費控除の計算式は、
1年間に支払った医療費の全額-保険金等で補てんされる金額-10万円=医療費控除額

保険金等で補てんされる金額とは、生命保険の給付金や健康保険の一時金等を指します。

所得合計額が200万円までの人は、10万円ではなく所得合計額の5%を引きます。

上記の計算式で算出された医療費控除額(最高限度額200万円まで)が、全額還付されるわけではありません。

実際は、「医療費控除額×所得税率」で算出された金額が還付されることになります。

所得税率は個人の所得によって異なりますから、詳しくは国税庁のホームページを参照して下さい。

関連記事