歯周病時の歯磨き – 渋谷歯科タナカ

歯周病時の歯磨きPerio

歯周病時の歯磨き

歯磨き粉によって使用方法が異なりますので、使用する前に使用方法を確認してみてください。

  1. 基本は歯ブラシに歯磨き粉を米粒大ほど出して歯を磨いてください。
  2. 歯ブラシの毛先を歯の面に当て小刻みに歯ブラシを動かします。小刻みなのがポイントです。
  3. 歯ブラシにかける力は150から200gが目安です。歯ブラシの毛先が広がらない程度です。歯周病時の歯茎は腫れや出血もしやすく、デリケートですので優しく磨くことが求められます。
  4. 歯茎の炎症に効果的な歯磨き粉は、指に適量とって歯茎をマッサージするのも効果的です。

歯磨きは歯周病だけではなく、虫歯や口臭予防のためにも、しっかり汚れを落とすことが大切です!噛む面、歯と歯の間や歯と歯茎の境目などは汚れがたまりやすい場所なので、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目(45度)にし、磨くように意識して磨きましょう。

歯と歯が重なっている場合は歯ブラシを立て磨きにして、歯1本1本磨きましょう。また、磨き残しがないように歯に順番をつけて行うといいでしょう。

歯周病にオススメの歯磨き粉 お勧めの歯周病、口臭ケア用品
関連ページ