親知らず(智歯)

親知らずとは

about Wisdom teeth

親知らずというのは、大臼歯の一番奥にある第3大臼歯のことです。

歯は、前歯の中心から数えて、2番目までを切歯、3番目を犬歯、4,5番目を小臼歯、6~8番目を大臼歯と呼びます。

上顎にある親知らずは上顎第三大臼歯のことで、下顎にある親知らずは下顎第三大臼歯のことです。

通常永久歯は6歳~12歳の間に乳歯と生え代わって28~32本が生え揃いますが、親知らずは、20歳をこえてから生えてくることが多いため、平均寿命が短かった時代には親が亡くなってから生えてくる歯だったためにこの名前が付けられたと言われています。

英語では親知らずのことをwisdom toothといいます。

Wisdomは、知恵や分別をあらわす単語で、これは物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯ということから、こう呼ばれるようになったと言われています。

通常は18~22歳頃に出てきますが、まれに30~40歳頃に出てくることもあります。

最近では、第三大臼歯は退化する傾向にある為、生えてこない人も増えています。

また、親知らずは多くの場合、方向や位置が変則的で、咀嚼に役立ちません。

親知らずが人類の進化に伴い、退化している理由は、文化の発展に伴って、頑丈な歯と顎がなくても食事ができるようになった為という考え方もありますが、詳細はまだ不明なままです。

歯の数だけではなく、人類は進化により、顎が小さくなっている為、永久歯が生えそろった状態になってから出てくる親知らずには、充分なスペースがない為、まっすぐ生えてくることができないことがほとんどです。

その為、歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを与えることがあるだけではなく、歯を磨いても、磨き残しが出てしまうので、虫歯や歯肉炎になることがあります。

また、顎関節症を併発してしまう恐れもあります。

関連記事