親知らず(智歯)抜歯後の腫れや痛み

親知らず 抜歯後の腫れ・痛み

Wisdom teeth after swelling and pain

親知らずを抜歯後には、痛みや腫れが出ます。

特に、下顎水平埋伏智歯という横むきに埋もれて生えている親知らずを抜くと、痛みや腫れも強いようです。

人によっては首の方まで腫れてしまうこともあります。

腫れや痛みは、抜歯後には誰にでもおこる症状なので、ほとんどの場合には心配ありませんが、1週間以上経っても軽減しない場合は後遺症になって症状が長引く恐れがあります。

親知らずの抜歯から2,3日後が、顔の腫れのピークになることが多いようです。

そのような時には、濡れタオルなどで軽く冷やす分には問題ないのですが、氷や冷えピタなどで急激に冷やすと、刺激が強すぎて血行不良を起こし、内出血を起こして皮膚の色が変色してしまうことがあります。

1週間以上経っても腫れや痛みが引かない場合には、傷口に食べ物の滓が入って、細菌感染している恐れがあります。

また、通常、抜歯をした後には、血餅が傷口を覆って、粘膜を保護するので、自然に歯ぐきが治癒してくるものなのですが、何度もうがいをしたり、舌先で傷口を触ったりして血餅がとれてしまうと、抜歯後の穴がふさがらなくなって、骨が露出してしまうドライソケットになっているおそれもあります。

ドライソケットになってしまうと、激痛がおこります。

この症状が続くと細菌に感染しやすくなってしまい、骨にまで炎症が広がってしまうこともありますので、うがいは抜歯後3日くらいまでは、強く漱いだり、頻繁にしたりすることを避けましょう。

1週間以上経っても腫れや痛みが引かない場合には、歯科医の診察を受けてください。

腫れや痛みを抑える為には、医師から処方された鎮痛剤や抗生物質の用法と容量を守って服用すること、抜歯した日は運動や入浴を避け、できるだけ安静にしていること、急激に冷やさないことが大事です。

また、抜歯後、数日たってから新たな痛みがおこった場合には、細菌が感染している恐れがありますので、この場合にも、歯科医の診察を受けることが必要です。

関連記事