インプラントオペ時の静脈内鎮静法について

インプラントオペ時の静脈内鎮静法について

インプラントには興味があるけど手術するのが怖い、という患者様に静脈内鎮静法と言うものがあります。

こちらは麻酔方法の一つで、痛みや恐怖心を和らげる作用のある薬を血管に投与し、眠ったような状態でオペを行う事を可能にしたもので全身麻酔に比べて意識や呼吸が完全にとまることなく体への負担が小さいのが特徴です。

「健忘効果」があるので覚醒時に術中の不快なことを覚えていないことが多いのですが意識が完全になくなる訳ではないので術中に体調に異常が起きた時に症状を訴える事が可能ですので歯科医師は常に状況を把握しながら対応する事が出来ます。

麻酔専門医が同席

また、モニターで血圧、脈拍、呼吸数など常に管理しながら安全に手術を行う事ができます。

入院の必要もなく、個人差もありますが通常は1時間ほど休んでいただけばご帰宅可能となります。

静脈内鎮静法を行うにあたって注意事項

 

  1. 術後眠くふらついたりする事がありますので手術当日は自動車や車の運転は禁止となります
  2. 食事は4時間前より食事禁止となります、術後は食事できますが飲酒は控えていただきます
  3. 点滴や心電図を装着するので腕や胸元をあけやすい格好が望ましいです
  4. 手術前にトイレはお済ませいただきます
  5. 女性の方は口紅やマニキュアはしないでください
  6. 服用薬がある場合はあらかじめ医師にご相談ください
  7. 血圧が極端に高い等体調に異常がある場合は手術が行えません

関連記事