歯科インプラントの治療方法

歯科インプラントの治療方法

implant method

基本的なインプラント治療方法としては、1回法と2回法があります。

1回法は、インプラントの手術を1回で完了します。フィクスチャー(歯根部)を骨に埋め込んだときに頭の部分を歯茎の上に出して手術を終えます。
外科手術が1回なので、患者様の身体的負担が少なく、治療期間も短くなる利点がありますが、骨に馴染むまでの間、フィクスチャーの頭が出ているため細菌感染のリスクがあります。

2回法は、インプラント手術を2回に分けて行います。

フィクスチャーを歯茎の中に完全に埋め込み、歯茎を縫合して閉じます。

数ヶ月後、2回目の手術として、歯茎を切開してフィクスチャーの頭を出します。

数週間後、アバットメント(連結・支台部)を装着します。その後、人工歯を装着して完了です。

2回法は、治療期間を長くとることで、インプラントと骨がより強く結合し、また、感染リスクも少ない利点があります。

その他、特殊なインプラント治療方法があります。

例えば、毎日多忙で、インプラントの治療に長期間費やせないうえに人前で話す仕事をしているため、前歯がない状態は困る、そういう方には、たった一日で、抜歯してすぐにインプラント手術をして、さらに人工歯も装着します。

また、インプラントを支える骨の厚みが足りない、骨が弱い場合、フィクスチャーを埋め込むことができません。そこで、骨を補強する方法があります。
骨誘導再生術(GBR)は、歯を支える歯槽骨を再生する治療方法です。
ボーングラフト(骨移植術)は、骨の厚みが足りない箇所に、自分の骨を移植する治療方法です。

患者様ご自身の歯槽骨や顎骨等から移植する骨を調達します。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)は、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療方法です。
これらの骨を補強する治療の後、インプラント治療を行うという流れになります。

関連記事