歯科インプラントの失敗

歯科インプラントの失敗

implant fail

インプラントの失敗というのは、手術中の事故と、手術後にインプラントが抜け落ちたり、噛み合わせが悪くなったり、痛みや腫れが長期化したり、人工歯が外れたりといった場合を指します。

手術中の事故は明らかに医師の医療ミスです。
インプラントの手術は、高度な技術を要します。歯科医師であればできるというものではありません。
また、手術後の失敗に関しても、医師の経験不足、予見力の甘さが大きな要因となる場合があります。
インプラント治療は保険外なので自由診療です。

そのため、歯科医院側が自由に治療費を決められて、大きな利益をあげることも可能です。

それで、本来はあってはならないことですが、技量もない医師が安易に治療を行って失敗する場合があります。

では、インプラントでの失敗を回避するためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、信頼できる、技量の高い医師を選ぶことです。

そのために、医師の評判や、信頼できる人からの紹介や、歯科医院のホームページを参考にします。実際に医師と会ってカウンセリング時の質疑応答から、医師の経験量、行き届いた説明、その医師が信頼に値するかどうかを慎重に判断します。

歯科医院の設備もチェックする必要があります。

また、失敗のリスクを減らすために、患者側で注意すべきことがいろいろあります。

どんなことに注意すべきかは、医師側から事前に提示されなければならないことです。

予見できるリスクに関しての、医師側からの十分な説明が乏しい場合は、その医師の能力を疑うほかありません。

従って、他人任せではなく、歯科医院と医師選びに最善を尽くすことが重要です。

当院では、経験豊富な医師があなたの不安を解消し、納得のいく形で、治療を進めたいと願っています。

関連記事