ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックとは

ジルコニアセラミック:イメージ

セラミック治療に使うセラミックにも色々な種類があります。
ジルコニアは、まさにセラミックの種類の1つです!
ジルコニアは、二酸化ジルコニアとも呼ばれ高強度の酸化ジルコニウムになります。

最近では、ネックレスや指輪としても注目が集まっていますね。
歯科ではジルコニアのディスクを削り出してインレーやクラウンやブリッジなどを作り出します。こんな円盤みたいな物から歯ができるの?と思われるかもしれませんが、写真のように削り出して歯を作っていきます。
円盤状になっているので、逆に安定したジルコニアを製造でき、それを削り出すので、強度あるセラミックが出来上がります。

ジルコニアは、非常に注目されている材料で、歯科だけではなく産業界では、スペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品に使用されています。お口以外でよく使われているのは、人工股関節として使われることが多いです。

金属を一切使用しないために、金属イオンが溶け出して歯ぐきが黒くなったり、金属アレエルギーの心配もなく強度も強いので、奥歯やブリッジにも使用することも可能です。

また、審美的にオールセラミッククラウンに劣ると言われてきましたが、近年になって様々なディスクが開発されてかなり見た目も良くなりました。
そのためケースによっては、オールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。
表面がツルツルで滑らかなので、細菌の付着が少なく歯周病の患者さんのコントロールがしやすいというメリットもあります。

ジルコニアセラミックの特徴

⚫︎金属よりも硬いモース硬度(硬さの尺度)がある。

⚫︎強度があるので、様々な形に加工することができる。

⚫︎4ユニットなどの長いブリッジにも対応ができる。

⚫︎表面がセラミックなので、
汚れが付きにく、清潔感があるので、歯周病の管理などしやすい。

⚫︎金属の土台が入っている場合、色を遮断して作ることができる。
(マスキング効果)

⚫︎以前のジルコニアは、透明度がないと言われてきたが、
現在は非常にその部分も改善された。

⚫︎接着の問題は依然としてあるが、適合度が上がっているので問題ない。

⚫︎セラミックの中で、安いものから高いものまで値段の幅がある。

ジルコニアセラミックのメリット

1 歯を削る量が少ない。
2 天然の歯に合わせて色を調整できる。
3 光の透過性が天然の歯と近いので、自然観がある。
4 年月が経っても変色しない。
5 金属を使用しないので、金属イオンの流失で歯ぐきが黒くならず、金属アレルギーにならない。
6 ダイヤモンドの次に硬いと言われている。
7 従来のセラミックの倍以上の硬さ(900〜1500mpa)がある。
8 人体によくなじみ、有害な成分である金属を一切使用していない。
(メタルフリー)
9 金属の中でもっとも安全と言われるチタンよりも安全性が高い。また、細菌の付着を抑制する。
10 仮止めで様子を見てから、本着けすることができます。
形や色や咬み合わせしっかりとチェックしてから本着けできます。

ジルコニアセラミックのデメリット

1 色調は、オールセラミッククラウンに劣る。
2 将来的に歯ぐきが下がって歯根が露出することがある。
3 非常に稀ですが、割れることがある。
4 ジルコニアボンドで、ジルコニアの周りのセラミックが割れることがある。
5 接着が比較的弱い。
6 保険外なので治療費が高い。
6 硬すぎる!硬すぎるがゆえの問題点もある。

ジルコニアクラウンの症例

関連記事