保険で白くできること – 渋谷歯科タナカ | 平日夜9時・土日も診療の渋谷の歯医者

保険で白くできることAesthetic dentistry

銀歯に対する悩みを解決

口の中に銀歯が光っている人は意外と多いです。銀歯を使用しているのは日本人がほとんどだって知っていましたか?海外で、自分を見て笑っている外国の人達が、実は口の中が銀歯で光っていることで笑っていたとしたらどうでしょう。

今回はそんな銀歯に対する悩みと、それを白い歯に解決する方法について説明していきます。

銀歯から白い歯にする

  1. 保険で小さな銀歯を白くする つめ物で入っている小さな銀歯は、コンポジットレジンと呼ばれる樹脂製の材料を用いて保険内で白くする事が出来ます。費用的には保険診療で1,000~2,000円程度で治療可能です。

    治療当日銀歯を除去して治療する事ができますが、プラスチックに近い特徴をしているため、強度には乏しく、奥歯等の噛む力を大きく負担する場所にはあまり適してはいません。またプラスチックは着色がしやすい材料になります。

    陶器とプラスチック容器にカレーを入れたらプラスチック容器には色が残りますよね。コンポジットレジンの治療後は経年的な変化で歯との境界部やそれ自体に変色が認められるのです。さらに接着力に頼っている材料ですので、範囲が大きいと取れてしまうこともあります。ですから前歯等の小さい範囲に限られる事もあり、つめ物で大きい範囲を銀歯が覆っている場合は適応が難しくなることがあります。
  2. コンポジットレジン充填
  3. 保険で大きな銀歯を白くする 歯を半分以上覆っているような銀歯のつめ物や、歯全体を覆っている銀歯も白くしたいですよね。強度の面から保険診療でコンポジットレジンを使用しての治療には難しさがあります。

    歯医者によっては強化されたコンポジットレジンを使用して大きなつめ物を白くする方法で対応してくれる歯医者もありますが、これは保険適応外になります。ただし最近保険診療において、前から4番目と5番目の歯に白いかぶせ物が出来るようになりました!それまでは保険であれば銀歯にしなければならなかった場所ですが、保険診療の約9,000円で白い歯を求める事ができます。

    ただし、材質としては強化されたプラスチックになりますので、歯ぎしりのある方やかみ合わせが強い方等は割れてしまう恐れが高いので、よく相談されてから選択してください。
  4. セラミックで銀歯を白くする セラミックは強度と審美性に優れた材料になります。陶器と同じ材質ですからコンポジットレジンのように変色することがありません。また製作においても口の中の写真を撮って色を現在の歯の色に合わせて作りますので自然な感じで見る事ができます。

    セラミックは小さなつめ物からかぶせ物まで全ての範囲に適応可能になります。ただし、セラミックは保険診療では行えませんので自費診療となります。費用は1本当たりつめ物の場合40,000~50,000円、被せ物で100,000~150,000円程になります。
  5. 銀歯とセラミックの違い

コンポジットレジンと
セラミックの違いは

セラミックは虫歯の
再発リスクを下げる

コンポジットレジンはプラスチックですので、強度や審美的の面から長期間の使用には不向きな所があります。タバコやコーヒーなど変色のしやすい物を好まれる方やかみ合わせが強い方等は経年的な劣化が起きやすくなります。

一方でセラミックはそれらの短所をカバー出来るものになります。

もちろんお茶碗を落としたら割れるのと同じように、過度な力で割れてしまったりする事はありますが、セラミックをつける接着剤は口の中という過酷な環境の中でも劣化する事なく耐えうる性質をもっていますので、虫歯の再発リスク等も格段と小さくなります。

銀歯は虫歯が再発しやすい

銀歯は精度が悪く、歯にきれいに適合していない事があります。また最近では海外へ大量注文、大量製作という悪循環の流れの中で製作されている事がありますので、製作者である技工士を選べないといったこともあり、技術の差が大きく出てしまう事があります。

銀歯の接着剤は実は劣化もしやすく、何年も噛む力がかかる事で固まっていた接着剤が徐々に破壊されて流出し、その隙間から虫歯菌が入って知らぬ間に虫歯になっていたなんてことが多く見受けられます。

銀歯は歯を削る量が多い

銀歯の治療、製作方法は実はここ数十年大きく変わっていません。セラミックやインプラント等最新の治療が出回っている中で、保険診療がある我が国では歯医者さんは学生の時から時代の流れに逆行した治療方法を学んでいると言えます。

銀歯にはそれ自体が外れないようにする形態のルールが幾つかあります。歯医者は虫歯の部位にそのルールを適応させて治療をしています。

そのため、ここは虫歯ではないのだけれども、削らないと外れてしまうからといった理由で実は虫歯以上に健康な歯を削っていることがあります。銀歯の接着剤も外れないようにする為の一助に過ぎないのです。

金属アレルギーになることがある

口の中に入った金属は唾液によって徐々に溶け出して様々な影響を及ぼします。歯茎の境目が黒くなって色が取れなくなることもあります。

また溶け出した金属が体内に蓄積されてアレルギーとして発症し、皮膚炎等の症状を引き起こす事があります。アマルガムと言われる過去に使用されていた歯科用金属等はその代表です。一口に銀歯と言っても様々な種類がありますので、異なる金属を入れておくことも問題となります。

笑顔に自信が持てる

何と言っても銀歯がない事で笑顔が増えます。人前で笑う事に歯がコンプレックスな方は多いですよね。銀歯がないことで笑顔に自信が持てるようになることは間違いないでしょう。

上下に銀歯が入っている方でも、下だけ白くした場合のみでも印象には大きな差が生まれてきます。銀歯を卒業して、幸せな生活を送りましょう!銀歯が悪いわけではありません。

しかしその特徴や歯科治療の方法を知る事で、今以上に幸せな生活を送ることができたら嬉しいですよね。小さなお悩みでも構いません。気になる事があればご相談ください。

関連ページ