歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病は歯の周りにある歯周組織(歯を支えている周りの組織)が、プラーク(歯垢)の中に存在している歯周病菌によって感染し、炎症を引き起こしてしまう症状のことをいいます。

歯周病は感染症の一種であり、細菌が体の中に入り込んで引き起こすれっきとした病気なので、決して軽く考えてはいけません。

さらに最近の研究結果では、歯周病が糖尿病を始め、骨粗しょう症、関節炎、心臓疾患、動脈硬化、早産・低体重児などの様々な病気と関係している事が分かっています。
歯周病は、適切な処置をせずに放っておくと歯だけではなく命取りにもなる恐ろしい病気なのです。

関連記事