インレー

インレー

inlay

インレーとは虫歯治療の際に使う部品の名称です。

一般的に、虫歯治療の時は、虫歯となっている部分を削り取ります。

削り取られたままでは、歯の噛み合わせなどがおかしくなるので、削った部分を元の歯の形に補完するために詰め物をします。

その詰め物の名称をインレーと言います。インレーにも様々な種類があります。

まず保険適用となるインレーとしては、欠損した部分を歯科用プラスティックで詰める方法の「コンポジットレジン充填」。

主に奥歯の詰め物として使われる銀色の金属製の「銀色の金属インレー」いわゆる銀歯です。

最近ではほとんど使われていませんが、水銀と他の金属の合金を使った「アマルガム充填」などがあります。(このアマルガムは水銀の問題もありほとんど使われていません。)

そして、保険適用外となるインレーとしては、セラミック(陶器・焼き物)で出来た詰め物である「セラミックインレー」。

セラミックインレーは見た目が非常に良いですが割れやすいという欠点があります。

次に、セラミックの粒子とレジン(プラスティック)を混ぜて作られた「ハイブリッドインレー」見た目も天然の歯に似ているので審美性が高いのですが経年変化によって変色してしまいます。

次に、金合金や白金加金(金にプラチナを加えた物)の詰め物である。「ゴールドインレー」。

いわゆる金歯となります。金歯の場合は金歯アレルギーのリスクも少なく虫歯の再発もしにくいという理想的な詰め物ではありますが、見た目が金で審美性が低いというデメリットがあります。

インレーにも色々な種類があり、予算や審美性、耐久年数などを考えた上でどの詰め物にするかお気軽に当医院まで相談して下さい。

関連記事