インレー

歯の神経を取らない程のかみ合わせ部分に適します。

虫歯の部分を削り、インレーという詰め物を装着します。

それ以上大きな虫歯の場合、オンレーやクラウンといったもっと大きな詰め物になります。

インレーには様々な種類(材料)があり、価格帯も変わってきます。

インレーの種類

インレーの種類 メリット デメリット
セラミックインレー
  • 審美的に優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 保険外のため高額
  • 割れやすい
ハイブリッドインレー
  • 審美的に優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • セラミックインレーよりも柔らかいため割れにくい
  • 保険外のため高額
  • プラスチックが混ざっているため徐々に変色する
ゴールドインレー
  • 保険の詰め物に比べて金属アレルギーの可能性が少ない
  • 柔らかいので適合性に優れている
  • 歯を削る量が少ない
  • 保険外のため高額
  • 見た目がゴールド色
保険のインレー
  • 安価である
  • 見た目が金属色
  • 金属が溶けだして二次カリエスや歯ぐきの変色の可能性がある
  • 金属アレルギーを起こす可能性がある


セラミックインレー

セラミックの材質は「陶器」となります。

陶器ということもあって、天然の歯の色に近い色を再現出来ますので、非常に審美性の高いインレーとなっています。

しかし、審美性が高い治療法は保険適応外となってしまうため、治療費は自費となってしまいます。

保険適用となるインレーの場合は非常に安価となりますが、セラミックインレーの場合は、1本当たり大体の相場で3〜5万円します。

審美性を求める方は、セラミックをおすすめ致します。セラミックインレーの特徴ですが、一番に挙げられるのはやはり審美性です。

天然の歯に近い色を再現するとともに、経年変化による変色がほとんどありません。

また、汚れやプラークがつきにくく歯の衛生面でも安心です。

また、メタルインレーと違って金属を使用しているため経年変化による金属の溶け出しによる歯や歯茎が黒っぽく変色したり、金属アレルギーのリスクがありません。

デメリットとしては、陶器製となりますので割れやすいです。

また、歯を削る量が比較的多くなってしまいます。

審美性を求める方にはセラミックインレーがおすすめとなります。

また、審美性が高い分保険適応外の治療法となるため高額となってしまいます。

ただ、高額とはなりますが、天然の歯に近い色となります。

審美性だけでなくプラークがつきにくく金属アレルギーのリスクがありませんので、金額を気にせず審美性をお求めの方にはセラミックインレーがおすすめです。

ゴールドインレー

ceramic gold inlay2

ゴールドインレーの素材は、金合金や白金加金(金合金にプラチナを混ぜた合金)です。

金や白金合金はいわゆる貴金属と言われるもので、貴金属は非常に錆びにくい特性があり、保険適用となるメタルインレーの問題であった金属の溶け出しによる歯と歯茎の変色や、二次的な虫歯、金属アレルギーなどのリスクが軽減されます。

また、金属の種類によっては硬過ぎないので、適合も良いというメリットもあります。

その他のメリットとしては、金属を使用したインレーとなるため、強度が非常に強く、強い力のかかる部分にも使用できます。また、歯との適合が非常に良く二次的な虫歯になりにくです。

また、金属を使った時のデメリットである経年変化による金属の溶け出しによる歯と歯茎が黒っぽく変色するという事もなく、金属アレルギーなどが起こる可能性が非常に低くなります。

ゴールドインレーは理想的な歯科用の金属です。しかし、このゴールドインレーを使った場合のもデメリットもありますので紹介したいと思います。

ceramic gold inlay

ゴールドインレーのデメリットは何と言っても審美性が挙げられます。セラミッククインレーなどでは審美性を追求したインレーですので自然で綺麗な治療が可能となりますが、ゴールドインレーは金属のため、見た目があまり良くありません。

そのため、虫歯治療をしたというのがすぐにわかります。また、保険適応外治療となるため値段が高くなり3〜5万円(大体の相場です。)ほどします。

また、歯科医院によっては保険外の場合でも金銀パラジウム合金のような保険適用となる金属を使用している歯科医院にあります。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

メタルインレー

ceramic metal inlay

一般的に言われているいわゆる「銀歯」というものです。

このメタルインレーは主に奥歯の詰め物として使用されています。

銀色の金属の詰め物(インレー)で、主には「金銀パラジウム合金」という金属が使用されています。

金属パラジウム合金を使ったインレーは、保険適用となりますが、歯科医院によっては保険適応外となっている場合がありますので、事前にかかりつけの歯科医院の医師に相談して下さい。

また、ニッケルクロム合金という金属のインレーも保険適用の金属インレーとなるのですが、金銀パラジウム合金よりも物が悪く、金属アレルギーを引き起こすリスクが非常に高いためあまり使用されていません。

このメタルインレーを使った治療費は、1300円から1800円と非常に安価で治療を受けることが可能となります。

メタルインレーのメリットですが、一番のメリットは金属を使用しているため非常に強度が強く、強い力のかかる奥歯などの部位にも使用出来ます。

しかも、保険適用となりますので安価で治療を受けることができます。

デメリットとしては、審美性の問題が挙げられます。

メタルインレーは銀色をしていますので、大きく口を開いた時に目立ちますので見た目がよくありません。

また、経年変化によって金属が溶け出し、歯や歯茎が黒っぽく変色しやすくなります。

また、金属の使用により金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。

デメリットの問題が目立ちますが、審美性を求めず安価な治療を求める方はメタルインレーがおすすめです。

関連記事