コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填(CR)は保険適用となる治療法で、最もよく使われている治療法となります。

通常虫歯の治療では、虫歯となる部分を削ります。削り取った後に、元の歯の状態に戻すために詰め物(インレー)をします。

コンポジットレジン充填とは、この詰め物の種類となります。材質としては、歯科用のプラスティックであり、自然の歯に近い色の素材となるため治療後も目立たず審美性も高いのが特徴です。

ただ、注意点としてはコンポジットレジン充填は保険適用の治療法ですが、歯科医院によっては保険適用外となる場合もありますので事前にかかりつけの歯科医院に確認をして下さい。

このコンポジットレジン充填の治療費としては保険を適用した場合で約700円〜1000円と非常に経済的な金額で治療を受けることができます。

コンポジットレジン充填のメリットとしては、色が天然の歯の色に似ているので審美性が高く、治療期間が短いです。

composit resin 1   composit resin 2

(1日から2日で終る場合がほとんどです。)また、歯を削る量が少なく、歯への負担も軽減出来ます。

また、歯科用プラスティックのため金属を使用しないため、金属アレルギーのリスクや経年変化による金属の溶け出しよる歯や歯茎の変色が防げます。

また、修理が比較的簡単にできますので万が一破損した場合も安心です。

デメリットとしては、経年変化による変色により、見た目が悪くなることがあります。(修理は可能です。)

また、プラスティック素材のため強度が弱く、噛み合わせが強い場合に、欠けたり割れることがあります。

保険適用の治療法ということもあり、安価に審美性の高い治療法となりますので、安心して治療を受けることが出来ます。

関連記事