セラミッククラウン

オールセラミッククラウン

all ceramic crown

オールセラミッククラウンとは、クラウン全体がセラミック(陶器)でできているクラウンとなります。

全てセラミック(陶器)でできているため、審美性が非常に高く見た目が非常に良い治療法となります。

このオールセラミッククラウンを使った治療法のメリットですが、審美性が高いことが挙げられます。材質がセラミック(陶器)を資料しているため天然の歯の色調に近い色であるとともに、経年変化による変色がほとんどありません。

見た目が自然な仕上がりとなるため、治療したのがわからないほど綺麗な仕上がりです。

また、このセラミッククラウンは汚れ(プラーク)がつきにくいので、日々の衛生面の問題も心配がありません。

また、金属を一切使用しないため、経年変化による金属の溶け出しによって引き起こされる、歯と歯茎が黒っぽく変色するというリスクを回避することができます。

また、金属アレルギーの心配が一切ありません。理想的なクラウンとなります。

しかし、デメリットもあります。デメリットはセラミック(陶器)を使っているため割れやすいというリスクがある上に、セラミック(陶器)は天然の歯よりも硬いため、周囲の歯や噛み合わる歯を痛めるというリスクがあります。

また、治療の際に歯を削るようが比較的多くなってしまいます。

ジルコニアクラウンと同じように長期的予後についてはまだはっきりと分かっておらず、長年使用することでどうなるかは使ってみないことにはわかりません。

その上、保険適応外の治療となるため8〜15万円とかなり高額な治療法となります。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンは、新しい素材のクラウンとなっています。

構造としては、ジルククラウンの外側はセラミック(陶器)となっており、内側は金属の代わりにジルコニアを使用したクラウンとなっています。

金属をいっさし使用しないため、金属使用時に起こりやすい、経年変化による金属の溶け出しによる歯と歯茎が黒っぽく変色するというリスクを回避することができます。

また、金属アレルギーの心配が一切ありません。また、このジルコニアクラウンは強度が非常に強く、奥歯やブリッジなどにも使用することができます。

歯科治療で気になる、審美性についてですが、オールセラミッククラウンと比べると多少劣りますが、見た目が非常に綺麗で、土台の金属の色が透けるのを防ぐためのマスキング効果が非常に高く場合によっては、オールセラミッククラウンよりも綺麗に仕上がる場合があります。

このジルコニアセラミックのメリットとしては、色が天然の歯に非常に似ているので審美性が高く、土台となる金属が透けて見えなくするマスキング効果に優れているためオールセラミックよりも場合によっては綺麗な仕上がりが可能となります。

また、金属を使用していないため経年変化による金属の溶け出しによる歯と歯茎の変色や金属アレルギーのリスクを回避することができます。

デメリットとしては、色調はオールセラミックに少し劣ります。

また、治療の際に歯を削る量が比較的多くなります。

また、強度も天然の歯よりも硬いため、周囲の歯や噛み合わせる時の歯を痛める事があります。

また、このジルコニアクラウンは新しい素材のため、長期的予後についてははっきりと分かっておらず、経年変化でどうなるかは使ってみないとわかりません。

また、お値段も10〜20万円と高価な治療法となっています。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

 

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウンは、セラミック(陶器)とレジン(歯科用プラスティック)を混ぜて作られたクラウンとなっています。

オールセラミッククラウンよりもやわらかく周囲の歯にダメージを与えにくいクラウンとなっています。

ハイブリッドクラウンを使った治療法のメリットですが、天然の歯に色が非常に似ているので審美性が非常に高いので、自然で綺麗な仕上がりが可能となります。

また、オールセラミッククラウンのデメリットとなった、硬さの問題もクリアーしており、硬過ぎないので周囲の歯や噛み合わる歯にダメージを与えにくいのが特徴となっています。

ハイブリッドクラウンは金属を一切使用しないため、経年変化による金属の溶け出しによって引き起こされる、歯と歯茎が黒っぽく変色するというリスクを回避することができます。

金属を使っていないので金属アレルギーの心配も一切ありません。

ハイブリッドクラウンと使った場合のデメリットですが、審美性は高いもののオールセラミッククラウンと比べると劣ります。

また、経年変化による変色があります。

強度的に歯を痛めにくいのですが、その強度があだとなり割れることがあります。

そのため噛み合わせの状態によっては使用できない場合があります。そして、長期的予後についてはまだはっきりと分かっておらず、実際に使ってみないとどうなるかは分かりません。

保険適応外の治療法となるため4〜12万円となり高額となります。

デメリットもありますが、審美性が高い治療法となりますので、治療の候補の一つとして考えられるのも良いかもしれません。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

 

 

関連記事