セラミック治療

セラミック治療

about Ceramic1

セラミック治療とは、虫歯治療の一種です。虫歯治療をした際には、虫歯となる部分を削ります。

その削った部分を補うために、かわりとなる材料を詰めたりかぶせたりして治療を行います。

昔はその時に、主に金属を用いて削った部分を補っていました。

よく言われる銀歯や金歯です。また、銀歯は保険適用となり安価で治療ができるので銀歯を用いる人がほとんどでした。

しかし、近年になると銀歯や金歯を用いた際に、口を開けると銀色や金色の金属が見えて見た目が悪いという人が多くなりました。

また、金属を使用した場合、金属の種類にもよりますが金属が原因となってアレルギー症状が引き起こされる場合があります。

特に、昔に使われていた銀色の詰め物は、水銀が混ぜられたアマルガムという物質の可能性もあり金属製の詰め物に対する安全性が問われ、近年では金属に変わるセラミックが注目されています。

このセラミックは高度が非常に高く丈夫で長く使用しても変色することがなく見た目にも虫歯治療をしたということわからないぐらいで口元の審美性を高めることが出来ます。

about Ceramic2

また、保険対象外の素材を使用するため費用は保険適用となる銀歯などと比べて高くなりますが、自然な仕上がりを求める人が多くなってきており、銀歯の詰め物をセラミックに取り替えるという患者さんも近年では増加しているようです。

また、銀歯の場合、経年変化により銀歯を詰めた歯と歯茎の間が黒っぽく変色することがあります。

セラミック治療の場合は、経年変化による変色も防ぎ審美性を高めるだけでなく、金属アレルギーなどの人体への影響も少ない治療法となります。

保険適用外となりますが、白くて綺麗で健康的な歯を回復したいとお考えの方にはセラミックの治
療をお勧めします。

関連記事