小児歯科について

小児歯科について

b

小児歯科への初めての受診をされるお子様へ、導入の工程として小さなお子様にもわかりやすいように、診察台や治療器具、照明などの初めて目にするものを小さな社会見学形式で触れていただくことから始めます。

お話を理解できる年齢であれば、実際の器具等を用いながら口頭で分かりやすく説明いたします。

同時に、保護者の方にも、お子様の治療や検診に当たる導入工程や医院の方針などを説明し、親子共々ご安心して受診いただけるよう心掛けています。

小児歯科を訪れる際に、初めて受診する理由はやはり虫歯が一番多いようです。

公的機関の乳幼児健診の際に歯科検診を受診される方がほとんどだと思われますので、検診で虫歯を指摘されて通院するケースや、虫歯になる前の定期検診として受診されている方も多くいらっしゃいます。

小児歯科の定期検診では、歯と口の病気や異常を早期発見・治療することができ、歯磨き指導やさまざまな予防処置を施すことも行います。

また、歯科矯正や外科的なものも診療に含まれますので、普段お子様について少しでも心配や不安を感じることがあればご相談ください。

小児歯科では、通院や診療にあたり保護者の方やお子様が心配や不安に思っていることを、診療前後のカウンセリングを行うことでご納得いただき、解消していけるようにコミュニケーションを図ってまいります。

導入の工程での具体的な取り組みを少しご紹介します。今後の診療の際には、口の中がよく見えるよう

に少しの時間大きな口を開けていなければなりませんので、お口を開ける練習も行います。

上手にできると褒めてもらえた喜びいっぱいで医院を後にする子もたくさんいます。

それから、普段は触ることのない器具などにも、実際に触れていただき説明をしていきます。

いろんな初めてのことが上手にできたことを、保護者の方にもお伝えし、たくさん褒めていただくことで、お子様も不安が取り除かれ、喜びと自信につながっていきます。

小児歯科は、歯の治療だけではなく、心の成長にもつながります。

小児歯科で治療を受けるときのポイント

幼児の治療は、体調の良い午前中に受診したほうが負担が少ないです。

昼過ぎや夕方で歯、疲れてしまっているので、機嫌が悪くなってしまい治療に差し支えることがあります。

さらに、嘘をついて歯科に来ないようにしましょう。逆効果になることがあります。治療後には、がんばったことをたくさん褒めましょう。

幼児は治療で嫌がり泣いたり暴れたりする可能性もあります。汗をかいてしまいますので着替えを用意するといいかもしれません。また、治療の時には身軽な服装をしてくるようにしましょう。

待合室やキッズスペースでは、緊張をほぐすためにも本を読んで聴かせたり、おもちゃで遊ばせてあげましょう。

乳歯の治療

乳歯も永久歯も虫歯の治療に特に違いはありません。

親御さんによってはどうせ永久歯に生え変わるのだから、乳歯の虫歯はそのままにしても大丈夫 という人もいます。 しかし、乳歯の虫歯をそのままにしておくと、永久歯にまで影響が及ぶことがあります。

変色し たりきちんとした位置に生えてこないというトラブルの原因です。きちんと治療を受けましょ う。

小児歯科で治療を受けるときのポイント 乳歯の治療 治療方法は基本的に大人と変わりません。穴が開くようなむし歯は削って金属やプラスチックで 詰めます。
進行したむし歯や痛んだ歯は、神経を取るなどの治療をしてクラウン(かぶせ物)をかぶせたりし ます。麻酔を必要となる治療もあります。時間もかかります。子どもにとって嫌ですし負担も大 きいです。

麻酔をする際の注意

小児歯科では恐怖や痛みの緩和のために。麻酔を使用することがあります。

大人と同じように注射で麻酔を行うのですが、注意したいのは、アレルギー体質や慢性病で薬を飲み続けている子どもさんです。必ず、どのようなアレルギーなどがあるかを伝えるようにしてください。

あらかじめ担当医師にその旨を伝えましょう。麻酔をした後は、唇をかんだり触ったりしないように注意しましょう。

小児歯科の役目

小児歯科ではむし歯や歯周病の予防を目指して、治療に当たっています。

あまりに小さなうちから歯を削ったり抜くような治療はなるべく受けないでいいようにするのが 予防です。

歯みがき習慣などでしっかりとケアをしながら予防をしましょう。
家庭でのケアはもちろん大事ですが、歯科医院での定期的なチェックも大切です。

成長期にある 子どもは特に大事な時期です。小児歯科医院での定期検診を是非おすすめします。

麻酔をする際の注意 小児歯科の役目 興味深いことに、むし歯治療開始年齢が低いほど、12歳でむし歯の本数も多くなる傾向があるこ とがわかっています。
つまり小児のときの歯科治療は、子どもの将来に関係してくるということです。よりよい小児の 歯科医療のために、小児歯科が占める役割は大きいのです。

 

大切なお子様の歯を守って行くために

小児の場合は、乳歯の治療になりますが、基本的には大人の治療と同じものになります。

乳歯だから大丈夫という考えは捨てて、しっかりと治療をしていないと、お子様の未来に関わっ てきます。

80歳までに歯を20本残すためにも、しっかりとした指導と検診、そして早期発見早期治療が大 切になってきます。 小児歯科が行う役割は大きく、そんな小児歯科を利用しながら子どもの歯の健康を守りましょ う。

これが導入の工程です。

 

関連記事