小児歯科について

小児歯科について

b

小児歯科への初めての受診をされるお子様へ、導入の工程として小さなお子様にもわかりやすいように、診察台や治療器具、照明などの初めて目にするものを小さな社会見学形式で触れていただくことから始めます。

お話を理解できる年齢であれば、実際の器具等を用いながら口頭で分かりやすく説明いたします。

同時に、保護者の方にも、お子様の治療や検診に当たる導入工程や医院の方針などを説明し、親子共々ご安心して受診いただけるよう心掛けています。

小児歯科を訪れる際に、初めて受診する理由はやはり虫歯が一番多いようです。

公的機関の乳幼児健診の際に歯科検診を受診される方がほとんどだと思われますので、検診で虫歯を指摘されて通院するケースや、虫歯になる前の定期検診として受診されている方も多くいらっしゃいます。

小児歯科の定期検診では、歯と口の病気や異常を早期発見・治療することができ、歯磨き指導やさまざまな予防処置を施すことも行います。

また、歯科矯正や外科的なものも診療に含まれますので、普段お子様について少しでも心配や不安を感じることがあればご相談ください。

小児歯科では、通院や診療にあたり保護者の方やお子様が心配や不安に思っていることを、診療前後のカウンセリングを行うことでご納得いただき、解消していけるようにコミュニケーションを図ってまいります。

導入の工程での具体的な取り組みを少しご紹介します。今後の診療の際には、口の中がよく見えるように少しの時間大きな口を開けていなければなりませんので、お口を開ける練習も行います。

上手にできると褒めてもらえた喜びいっぱいに医院を後にする子もたくさんいます。

それから、普段は触ることのない器具などにも、実際に触れていただき説明をしていきます。

いろんな初めてのことが上手にできたことを、保護者の方にもお伝えし、たくさん褒めていただくことで、お子様も不安が取り除かれ、喜びと自信につながっていきます。

これが導入の工程です。

このように繰り返すことで、最初から「痛い」「怖い」などのイメージを持たずに、診療を受け続けることができるのです。

関連記事