小児の虫歯治療

小児の虫歯治療

小児歯科というと小さいお子様が対象になると思われがちですが、およそ成人するまでの間を小児歯科で受診することはおかしいことではないのです。

なぜならば、成人を迎える頃にようやく永久歯の生え変わりが終わりを迎えるのです。

この時期頃まで、永久歯は完全に生え揃うために成長しつづけているのです。

このように、成長したお子様であっても、歯の異常や虫歯、成長による歯列の変化も伴ってきます。

ですから、小さい頃から受診している慣れた歯科医のもとで、安心して治療や相談をしていただくことが、お子様の歯と心の健康ためにもなると考えられます。

さて、受診理由の一番多い理由が虫歯です。

虫歯は残念なことに一度できてしまったものは、治療する以外に治す方法はありません。

とくに、乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすく、その進行も早いという特徴があります。これは、永久歯に比べると柔らかく小さいためです。

また中には、永久歯が生えてくるので、虫歯になった乳歯は治療しなくても良いのではないか、と思われる方もいらっしゃいます。

生え変わりの時期が来ると、通常は乳歯が抜けその下から永久歯が顔を出します。どうせ抜ける乳歯であるからと、虫歯を放置したり抜いてしまうと、永久歯に大変な影響を及ぼしてしまうのです。

永久歯は乳歯の後に生える特性があるため、対応する永久歯の生えるスペースがなくなることで、全体の永久歯の生え方を左右します。

抜けた後、すぐに永久歯が生えてくるわけではありません。生える時期が決まっています。

そのため乳歯の抜けたまま長い年月を過ごすことで、咀嚼にも影響を及ぼします。

また、生えたての永久歯は未成熟で、虫歯になりやすい構造になっています。

この間も注意が必要で、虫歯予防のためにフッ化物配合歯磨きを使用することや、定期検診と合わせてフッ素塗布などを継続することは有効と考えられています。

関連記事