小児歯科のご相談

小児歯科のご相談

two little girl's playing doctor

一度虫歯になった部分は、元の白い歯に戻ることはできません。

自然治癒はありませんので、虫歯の部分を取り詰め物をすることになります。

この詰め物は一生のものではありませんし、同じ部分が再び虫歯になることもあります。

ですから、歯を守るために最も良い方法は、虫歯をつくらないよう気を付けることだと思います。

毎日歯磨きをしていても虫歯ができる、すみずみまできれいに歯が磨けていれば虫歯を予防することはできるでしょう。

しかし、磨き方のクセやだらだらと食べ続けるなどの悪い生活習慣などによって、虫歯のできやすい環境は作られていくのです。

そのためにも、小児歯科での歯磨き指導やご家庭での生活習慣改善などのご相談もお待ちしております。

まずは、歯や口に異常をきたすことのないよう、歯や口の病気にならないよう小さな頃から予防をすることをお勧めいたします。

フッ素:フッ素を塗布することで、歯の表面にあるエナメル質のむし歯に対する抵抗力を高めます。

キシリトール:これは、みなさんにも馴染みのあるものと思われますが、天然の甘味料でその効果の代表的なものは、

  1. 酸を作りにくくする
  2. 唾液の分泌を促す
  3. プラークの量を減らし、汚れを落としやすくするといったものがあります。

これらは、口の衛生を保つ上で、とても重要なことでもあります。

毎日の歯磨き:これは言うまでもありませんが、歯ブラシの選び方にもお子様にピッタリなものを選ぶことが重要です。

幼児期では、お子様の歯磨きは保護者の方が行いますので、大人が磨きやすく毛足は短めのものが適切です。

学童期では、歯磨きは自分で行うようになりますので、子どもが使いやすく口の大きさに合う大きすぎないものを選ぶことが適切です。

歯磨きをすることで、親子の触れ合いの時間となる場合は問題がありませんが、嫌がる場合もあります。

歯磨きの大切さ、遊び磨きをすることの危なさなどをご家庭でよくお話になりながら、歯磨きの時間を位置づけていけると良いですね。

また、その他の相談につきましては医院までご相談ください。

関連記事