口の中が不衛生だと口臭を発する? – 渋谷歯科タナカ

口の中が不衛生だと
口臭を発する?Bad breath

口臭の原因について

口臭で悩んでいる人は、口の中が不衛生な状態になっていないか確認してみましょう。

多くの場合、歯垢や歯石が臭いの原因となっている場合があります。例えば、毎日歯磨きをしていない場合、歯垢がたまっています。また毎日歯磨きをしているという人の中にも、歯垢がたまっている人がいます。

例えば、歯並びが悪い場合は、いつも特定の歯ばかり綺麗になり、歯ブラシの先が当たっていない可能性があります。また虫歯や欠けた歯の部分を放置し、汚れが入り込んでいる場合もあります。

口の中を清潔に保っていても、それでも口臭が気になる場合には、他の原因が臭いの元になっている事もあるので正しい診断が必要です。

口臭の原因

歯磨きと口臭の関係性

毎日歯磨きをしていても、適当に磨いている場合には、磨き残しの可能性があります。

また歯磨きが自己流となっていたり、いつも特定の歯ばかり磨いているような場合もあります。磨きにくい歯は、避けてしまいがちなので、磨き残しの原因になります。

舌の汚れと口臭の関係性

また歯は綺麗に磨いていても、舌の部分に汚れがたまっている場合があります。このような場合は、舌苔とよばれる部分に雑菌が繁殖して臭いの原因になります。

舌が白い場合には、歯磨きの時に軽く舌も歯ブラシできれいにしましょう。歯ブラシでは上手にできないという人には、舌ブラシと呼ばれる形のブラシがあるので、このような物を上手に利用して清潔な状態を保つ事が大切です。

口の中の唾液と口臭の関係性

口の中の唾液が少なくなって口臭が気になる場合には、水分補給をしたり、工夫が必要です。

唾液には細菌の繁殖を抑える効果があるので、その唾液が少なくなった時は、不衛生になりがちです。舌を意識的に動かしたり、口の中をゆすいだりするだけでも口の中の渇きを防ぐ事ができます。

唾液が少ないと口臭を引き起こす?
関連ページ