口臭と全身の病気

口臭と全身の病気

Young boy outside

口臭は、病気を表すサインとなる場合があります。
病気の進行具合によっては、特有の口臭が徐々にひどくなってしまう事もあるので注意が必要です。

基本的に口は食べ物を食べる場所であり、栄養を取り込む役目を果たします。
口は食道へつながり、更に胃や腸など内臓へつながっていく玄関口のような場所でもあります。
このような仕組みから、身体の中で異常があった場合には、身体の中から口の方まで臭いが放たれてしまい、強い口臭として感じらます。

慢性的な強い口臭を感じた時には、単純に歯槽膿漏が原因と考える人も多いようですが、深刻な病気を表している時もあるので注意が必要です。

自分でも気づきやすい病気としては、蓄膿症などの鼻の疾患です。
鼻の中が臭いような感覚がしたり、空気を吸うといつも気になる臭いが続く時には、鼻の病気が考えられます。
このような時は、鼻の部分に膿がたまり、更に口臭にも影響を与えている場合があります。

また胃の病気も口臭を感じます。
例えばゲップをした時などは、健康な人でも臭いを感じます。
このように胃から食道を通って口へ臭いが伝わり、胃潰瘍など胃の異常を表している場合には強い口臭があります。

この他にも糖尿病や肝硬変など、病気によって強い口臭を感じる場合があります。
またそれぞれの病気によって特有の臭いがすると言われています。
例えばアンモニア臭のような酸っぱい臭いの場合には、傾向として腎臓低下などが考えられます。
また逆に糖尿病の場合には、甘酸っぱいような臭いが感じられる傾向があります。
このような特有の臭いから病気を推測できる事もあるので、長期的な口臭や、強い臭いが改善されない場合には、医療機関で受診をしてみましょう。

関連記事