矯正装置の顎関ゴムついて – 渋谷歯科タナカ | 平日夜9時・土日も診療の渋谷の歯医者

矯正装置の顎関ゴムついてJaw Rubber

顎関ゴムの使用方法

今日から上と下に付けるゴム用の装置を開始していきます。
この部分の装置は上と下の歯の嚙み合わせを密にしたり、歯の動きを補助するための物になっています。 こちらのゴムの付けている時間は基本的に食事と歯磨き以外は常に付けて頂きます。 こちらのゴムは付けている時間が長ければ長いほど高い効果を得られます。
食事の時にゴムが付いているとお食事がしにくくなってしまうので、食事の際は食べる前にゴムを外していただいて、食べた後は歯磨きをしてからこのゴムを装着するようにしてください。

このゴムは一日中同じ物を付けていると水分を吸ってしまって伸びてしまいます。
ですので最低でも一日一回は交換するようにしてください。 こちらのゴムはこのような袋でお渡ししますが、この袋の中にはゴムが100個ほど入っているので、 おすすめとしては一度付けたゴムはその都度付けないで、新しいものを使うようにして頂くのがよろしいかと思います。

このゴムをかける位置はたまに変わることがあります。
ただ、変わったとしてもその都度変わった位置や付け方をお伝えするので、ご安心ください。 最初はこの小さいゴムを付けるのが難しいかもしれないのですが、段々慣れてくると鏡を見ずに付けることができますので、ご安心ください。

関連ページ