ホワイトニングの安全性

ホワイトニングの安全性

w

ホワイトニングは歯の中の色素をホワイトニング剤に含まれる過酸化水素で分解して歯の明るさを上げて白くしていく技術です。

オフォスホワイトニングの場合は、ホワイトニング剤を塗布した後、ハロゲンライトやレーザーを照射して、ホワイトニング剤を活性化させ、歯の中の色素を分解します。

ホームホワイトニングの場合は、過酸化尿素のホワイトニング剤が使われます。

これはオフィスホワイトニングで使われているよりも、10倍以上濃度が薄いものです。

どちらのホワイトニング剤も、厚生労働省やアメリカの食品医薬品局で認可されているものですので、安心です。

ただし、安全なホワイトニングの為には、条件があります。

まず、ホワイトニングは基本的に、歯科医の指導の元で行うものです。

歯科医とのカウンセリング後に、自分の身体の状態、歯の状態、生活環境、目的に合わせて、自宅でするホームホワイトニング、歯科医院で施術してもらうオフィスホワイトニング、この2つを組み合わせたデュアルホワイトニングのどれかを選ぶことができます。

ホームホワイトニングをする場合には、虫歯や、欠けた歯があると、激痛を起超す危険があります。

また、市販のマウスピースは安価ですが、きちんと装着できないものが多い為、歯がしみたり、効果が出なかったりする恐れがあります。

自宅でホワイトニングをする場合も、必ず歯科医の診察を受けてから始めましょう。

オフィスホワイトニングをする場合には、薬剤と併用するライトの種類によって、注意しなければならない点があります。

紫外線アレルギー、膠原病などの為、太陽の光を受けてはいけない状態の時には、オフィスホワイトニングを施術してもらえない場合があります。

また、ズームアドバンスなど、一部の機械は、皮膚の色素沈着を防ぐために、防護措置が必要です。

安全にホワイトニングをする為には、信用のおけるきちんとした歯科医院で施術を受けることが大事です。

関連記事