インプラント症例

上顎右上1番の外傷による歯根ハセツ

歯を脱臼しています。 唇側の骨が吸収しないうちにインプラントのオペを行うことを説明し、早めに施術することになりました。

抜歯をし、インプラントを埋入します。

術後、3ヶ月後の状態です。歯肉の状態も良好で、仮歯とは気付かないのではないでしょうか?

インプラントを埋入した周りの部分に、人工骨を足していきます。

 

抜歯した歯を歯冠部のみを残してきれいに削ります。インプラント部に負荷がかからないようにし、適度に圧迫する程度で両隣の歯に接着します。見た目も歯肉の状態も問題はないと思います。

最終的な被せ物をセットした状態です。少し歯肉の周りに出血が見られますが、ほぼ問題はないと思われます。

上顎左1番歯根ハセツ

歯根がハセツしているので、抜歯をすることになりました。歯根の周りに黒い透過像が見られるため、抜歯後即埋入はせず、骨がある程度回復した後、インプラント埋入する事にしました。

ノーベルバイオケアのリプレイスを用い、4.3mm×13mmのインプラントを埋入しました。写真は、アバットメントをセットする前のヒーリングキャップが装着されている状態です。

 

ジルコニアのアバットメントを装着した状態です。ジルコニア自体が白く強度があるので、歯肉に金属色が透けないということがメリットです。

オールセラミックをセットした状態です。 セットしたばかりのため、歯肉に貧血体が見られます。

下顎右側6番欠損

インプラントを埋入した状態です。フラップレスで施術したので、ほとんど出血も見られません。術後に関しても、ほぼ痛みが出なかったというお声を頂いております。

インプラントの状態が問題ないので、精密な型を採っていきます(インプラント印象採得)。

 

インプラントの上部構造をセットする前の段階で、色と噛み合わせの確認をしておきます。

上部構造をセットし、完成です。

多数歯欠損

初診時のレントゲン写真です。 欠損している部分の他に、根にウミが溜まっていたり、残りの歯があったりと、治療する部分がとても多い状態です。

上顎骨の高さが足りないので、サイナスとソケットを応用した方法を用い、インプラントを埋入していきます。

 

インプラントを埋入してから2ヶ月後、粘膜面も非常に良い状態になっています。

インプラント上部構造をセットした後の写真にです。患者さんは夜中に、歯ぎしりをされるという事ですので、ナイトガードも製作しました。

関連記事