インプラントをする前の歯周病治療の大切さ

インプラントをする前の歯周病治療の大切さ

インプラント治療における成功率100%を目指すのに必要なことは、治療前の予見できるリスクを極力減らすことが重要です。
例えば、歯周病の程度の問題があります。
インプラントは土台となる骨、歯茎の支えがないと不安定になります。そのため、インプラント手術の前に歯周病を治しておくことが必要です。

それから、喫煙が問題になります。
喫煙者の場合、非喫煙者と比較して、10%成功率が低くなります。
それほど喫煙はインプラントにおいて大敵です。
喫煙者の治療はお断りという歯科医院もあります。
インプラント手術は、歯肉を切開して、インプラントを骨に埋め込み、歯肉を縫合して閉じます。喫煙すると、歯肉の傷口の治りが遅れます。
遅れると、そこから細菌感染に繋がる場合もあります。骨と安定結合するまでの数ヶ月間、特に手術後の1ヶ月間は、とても大事な時期です。
1ヶ月間だけでも禁煙ができるならまだしも、それができない場合は、失敗のリスクが高くなります。
それでもインプラント治療を望む場合は、できるかぎりの禁煙、減煙をして下さい。

関連記事