歯周病の治療

歯周病の治療

perio treatment1 perio treatment2

まずは歯と歯茎の境目にある溝(歯周ポケット)の深さを調べます。
プローブと呼ばれる細い器具をポケットに挿入して全ての歯を丁寧に測定していきます。2mmから3mmは正常範囲です。必要に応じてはレントゲン写真を撮り、歯槽骨の状態も把握します。次に歯茎の上に見えている歯石(縁上歯石)を除去します。合わせてブラッシング指導も行い、歯茎の改善を図ります。

ここでもう一度ポケットを調べ、歯茎の下に歯石を感知したら深い箇所の歯石取りを始めます。縁下歯石を呼ばれるもので、縁上歯石より固く、除去にはテクニックを必要とします。
超音波スケーラーと呼ばれる機械と手用スケーラーを駆使して丁寧に歯石を除去していきます。
ポケットが深く、器具がポケットの底部にまで届かない場合は、歯茎を開いて歯石がしっかり見る状態にして処置をすることがあります。
フラップ手術と呼ばれるもので外科処置となります。

関連記事