歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の治療において、基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)は粘着性があるので簡単に歯に付着します。

食べ物を口にした後はかならず丁寧に歯磨きをするならプラークの付着を防ぐことができるのですが、少しでもルーズになると、プラークの付着を許してしまうことになります。

また、正しい歯磨きをしているかどうかも重要です。歯間ブラシやデンタルフロスも使って、できるかぎりプラークを自力で取り除く毎日のお手入れが必要です。

ただ、自力で丁寧にお手入れしていても、歯と歯の隙間などはプラークが溜まりやすく、やがて石灰化して歯石になると、歯磨きだけではとれなくなります。

その場合は、歯科医院でのスケーリングやルートプレーニングといった専門的なプラークコントロールが必要です。

スケーリングでは、超音波スケーラーまたはハンドスケーラーという器具を使って、歯に付着した歯石を除去します。

ルートプレーニングでは、歯の内部のセメント質や象牙質の細菌に感染して軟化した部分を除去し、歯根面を硬く滑らかにして、再度プラークや歯石が付着しないように処置します。

perio treatment1 perio treatment2

また、詰め物やクラウン(被せ物)が歯茎に適合していないと、無駄な隙間ができて、プラークが溜まりやすいので、適合するように修正治療します。

噛みあわせが悪い場合や、歯ぎしりによって特定の歯を傷め、歯茎や歯槽骨に大きな負担がかかると歯周組織が壊れ、歯周病を進行させてしまう場合があります。

そのため、噛み合わせの調整や、歯ぎしりへの対処としてナイトガードなどのマウスピースを装着します。

歯周病は細菌によって歯周組織がどんどん侵されていく病気です。そのため、抗生物質の薬を服用します。

何事にも当てはまることですが、健康であることが細菌感染からの免疫力に繋がります。

歯周組織への細菌感染を食い止めるためには、口腔内だけでなく全身の健康管理も必要です。生活習慣と食生活の健全さが不可欠になります。

関連記事