歯周病のご相談

歯周病のご相談

perio consultation shibuya-shinbi.jp

日本人の成人の80%が歯周病というデータがあります。
虫歯で歯を失う人も多いですが、歯周病で歯を失う人も多いです。
あまりにも多くの人が恒常的に罹っている病気だから深刻な病気ではないと考えるのは早計です。むしろ、放置し続ければ、歯を失う結果になる深刻な病気です。

治療せずに放置してしまう理由としては、長期に渡って徐々に進行する場合が多く、また初期段階では痛みが殆どなく、自覚しづらい面もあるためです。
だから、初期の段階で歯科医院を訪れて治療をはじめる方が少ないのが現状です。
虫歯の治療で歯科医院を訪れ、その際の検査で歯周病だと知らされる場合も多いです。

例えば「ある日、歯磨きをしていると、歯ブラシに血が付いた」「硬い物を噛んだときに、歯茎から出血した」「歯茎が少し腫れている」「口臭が気になる」「歯がグラグラする」「歯茎から膿が出る」「口の中がネバネバする」等の症状に気付いたときは、早急にご相談ください。

また「歯周病の治療をしているけれど、よくならない」「あとは抜歯するしかないと別の歯科医院で言われた」「他に治療法がないとも言われた」等、まずは当院にご相談ください。

一つの歯科医院での診断がすべてではありません。
セカンド・オピニオンという考え方があります。
すべての病気に当てはまることですが、一人の医師の意見だけで決定するのではなく、複数の医師の意見を聞き、最適な治療方法を選択するという考え方です。
ですから、歯周病でお悩みの方は、どんな些細なことでも、気軽にご相談ください。メールや電話、直接来院、どの方法でも構いません。早めの対処が最良の結果に繋がります。

関連記事