受け口の小児矯正歯科治療

Little Girl Outdoors

受け口は、下顎が上顎よりも前に出ている状態です。

受け口になる原因は骨格上の遺伝、習癖としての口呼吸、前歯の生え方が悪い、等があります。遺伝的に顎骨に原因がある場合、できるだけ低年齢時

(3歳から8歳)に治療を行うことをお勧めします。

受け口の小児矯正歯科治療

小児矯正で、受け口を治療する場合、できるだけ低年齢時に治療を開始することをお勧めします。
最適な治療時期としては、3歳から8歳です。
以前は、3歳の時点で、受け口である場合には、永久歯が生えたら治ることもあるから治療せずに様子を見る、というのが一般的でした。
しかし、永久歯が生えたら自然に治る確率は、6%強というデータがあります。

受け口は、下顎が上顎よりも前に出ている状態です。
受け口になる原因は骨格上の遺伝、習癖としての口呼吸、前歯の生え方が悪い、等があります。
鼻が詰まり気味で口呼吸が癖になる場合は、鼻の治療になりますし、前歯の生え方が悪ければ、歯列の矯正になります。
問題は、遺伝的に顎骨に原因がある場合、早期治療が望まれます。
例えば、上顎骨が小さく下顎骨が大きい、という場合です。
その場合の矯正治療は、上顎の成長促進、下顎の成長抑制を目指します。

具体的な矯正方法としては、透明のマウスピースを歯列にはめて徐々に矯正します。
または、プレートと呼ばれる拡大床を使用して、顎の骨を大きく矯正します。
マウスピースもプレートも取り外し式なので、口腔内のお手入れが簡単にできます。
マウスピース、プレート、どちらを使用するにしても、共通している点は、子供の顎骨の成長を利用して矯正するということです。
顎骨の成長時期は、7歳から9歳辺りにピークを迎えます。
骨の成長が止まるのが18歳辺りなので、ピーク後も成長は持続しますが、できるだけピークを迎える前に矯正を行う方が効果的です。
ただ、早期に受け口を矯正できたとしても、思春期に後戻りしてしまう場合もあります。
その場合は再治療になりますが、一度も治療していない人に比べて、短期間に良い結果を導きやすいです。

 

関連記事