小児矯正歯科のメリット

Young boy outside

小児矯正のメリットは、歯や骨が成長している過程で、成長の流れをうまく利用しながら、柔軟な矯正が可能な点です。

小児のうちに不正咬合の予兆を診断できる場合は、早い段階で矯正をスタートさせる方が、手軽な治療で、最大限の効果を得られます。

 

小児矯正歯科のメリット

小児矯正のメリットというのは、大人の矯正と比較すると、はっきり分かります。

つまり、歯や骨の成長が止まっている大人の場合、悪い歯並びを治すには、強制的に歯を移動させる方法になります。

または、骨格に問題がある場合は、外科手術をしたうえでの矯正治療になります。

小児矯正の場合は、歯や骨が成長している過程での治療になりますから、成長の流れをうまく利用しながら、柔軟な矯正が可能となります。

例えば、歯の噛み合わせが悪いのは、単に歯の生え方が悪いだけではなく、顎の骨が前に出ていたり、後ろに引いていたりする場合もあります。

そうすると、骨も矯正しなければなりません。

上顎の骨が大きすぎたら、成長を抑制する矯正装置を取り付けます。

下顎の骨が小さければ、成長を促進する矯正装置を取り付けます。というふうに、成長の振幅をコントロールしながら、歯並びの矯正も同時に行います。

大人の矯正においても、抜歯や外科手術をしない治療はあります。それはその必要性がないレヴェルの矯正ということです。

歯並びが重度の不正咬合の場合、成長が止まっていれば、抜歯や外科手術が必要になる場合があり、小児だと、重度の不正咬合へと悪化する前に、抜歯も外科手術もしないで矯正治療を行える可能性が高いということになります。

ですから、小児のうちに不正咬合の予兆を診断できる場合は、早い段階で矯正をスタートさせる方が、手軽な治療で、最大限の効果を得られます。

小児矯正の重要性にまず気付くことが、メリットを手に入れる入り口になります。

そのためには、親の意向がポイントになります。

子供が自分から矯正に目覚めるというよりも、親が子供の歯並びを心配して、歯科医院に連れて行き、矯正を勧められてスタートする場合が殆どでしょうから、小児矯正の時期を逸しないように、メリットを活かせるように、家族の協力が必要です。

関連記事